日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

舶用機関整備士更新講習会指導書(平成12年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


3) ヤマハMD1051KHα・KUH・KUHp型 ヤマハ発動機株式会社

 

新しいMD1051には、ユーザの使用状況に応じた3つの使用が用意されています。法90馬力クラスでトップの612馬力誇るKD1051KUHp、バランスに優れたMD1051KUH、トルク重視の市場に応えるMD1051KHαです。

更に、各仕様には従来のストレートドライブに加えて業務用史上初の新開発アングルドライブを設定。200mmの全高低下により、低重心化と有効スペースの拡大が実現し、船の実力を最大限に引き出します。

 

031-1.gif

 

<特徴>

1. 機能性

●新開発アングルマリンギヤ

ヤマハのトータル力を活かし、クランク軸から10度傾けた角度でマリンギヤ出力軸を取り出す事ができるアングルドライブギヤを新開発。業務用に対応したB減速(3.0)からE減速(1.5)で、従来のマリンギヤと同等の寿命設計を行っています。

また、200mmの全高低下により、低重心化と有効スペースの拡大が図られ、艇体の大型化、エンジンルームのメンテナンス性の向上、P.T.Oの取り出しやすさ、さらには風流れ特性におけるメリットなど、様々な可能性を秘めています。

 

031-2.gif

 

●ガラ音防止装置

電子制御でクラッチ油圧を微調整することによって低速回転時に発生するマリンギヤのガラ音を無くすガラ音防止装置を標準で装備。さらに、ガラ音感度調整ボリュームに無段階連続調整式を採用し、搭載艇ごとに最適なガラ音低減の制御を可能にしました。

●電子式自動定速装置新型

スリップ運転時のクラッチ作動油圧をコンピュータ制御し、応答性、安定性が向上。制御範囲の拡大も図りました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,254位
(32,806成果物中)

成果物アクセス数
7,951

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月16日

関連する他の成果物

1.1級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
2.1級舶用機関整備士問題集解答付(平成12年度)
3.2級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
4.2級舶用機関整備士問題集解答付(平成12年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
6.3級舶用機関整備士問題集解答付(平成12年度)
7.1級舶用機関整備士更新講習会指導書(平成12年度)
8.環境低負荷型舶用推進プラント研究開発研究成果中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から