日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

舶用機関整備士更新講習会指導書(平成12年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


3. 中低速エンジン

1) ダイハツディーゼル低NOx機関DK36型 ダイハツディーゼル株式会社

 

1. はじめに

船舶から排出される排気ガスに関して、'97に開催された海洋汚染防止条約締約国会議において、海洋汚染防止条約に「船舶からの大気汚染防止」に関する新附属書VIを追加するための議定書が採択され、同時に、強制コードとして「舶用ディーゼルエンジンからのNOx排出規制に関するテクニカルコード」が採択された。

ダイハツディーゼル(株)は、舶用発電機、舶用主機および各種陸用向けに、このような時代の要求にあったディーゼル機関の開発を継続している。

 

2. DKシリーズの開発コンセプト

当社の中速ディーゼル機関はPSシリーズに始まり、DS、DL、そして最新のDKシリーズに至っている。環境問題を念頭に置いた新開発DKシリーズに共通した開発コンセプトは次の通りである。

1] 環境保全

2] 信頼性と耐久性の向上

3] ランニング・メンテナンスコストの削減

4] 高効率

5] 小型高出力

 

3. NOx低減技術

NOxの低減技術としては、水添加、燃料噴射時期遅延、排気ガス再循環、多噴口燃料噴射、排煙脱硝等が知られているが、当社では、高圧縮比の採用、燃料の高圧短期噴射、給排気システムの最適化等と、最も基本的なNOx対策である燃料噴射時期遅延をうまくマッチングさせることにより、燃費の悪化を伴うことなくNOxの低減に成功している。

燃料噴射時期遅延により、シリンダ内の燃焼温度を下げNOxの生成を抑制する方法は最も容易であるが、単に噴射時期を遅延させただけでは燃費を悪化させてしまうため、上述のような燃焼の最適化によって燃費の悪化を防止している。

これらを当社の最新機関であるDK-36を例にとり具体的に述べてみる。

 

3.1 DK-36機関主要目

DK-36機関の概観と機関主要目を表1に示す

 

044-1.gif

 

044-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,254位
(32,806成果物中)

成果物アクセス数
7,951

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月16日

関連する他の成果物

1.1級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
2.1級舶用機関整備士問題集解答付(平成12年度)
3.2級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
4.2級舶用機関整備士問題集解答付(平成12年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
6.3級舶用機関整備士問題集解答付(平成12年度)
7.1級舶用機関整備士更新講習会指導書(平成12年度)
8.環境低負荷型舶用推進プラント研究開発研究成果中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から