日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

舶用機関整備士更新講習会指導書(平成12年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


3 機関主要目

表1に本機関の主要目を示します。

比較として同一シリンダ径を持つ当社のLH34LA形機関の主要目も併記します。

この要目の中で特筆すべきはロングストローク化をはかり、ストロークとシリンダ径の比、すなわちS/D=2.12と大きくしたことです。

ストロークを長く、膨張工程を十分に長くし、サイクル効率をよくするとともに機関の回転数をできるだけ低くし、燃焼期間を長くして出力アップをはかりながら低燃費化を目標としています。また本機関は減速機を介さないプロペラ軸直結機関を標準とし、低回転の効果とプロペラ直径を大きくすることによって推進効率の向上もはかっています。

 

057-1.gif

表1 機関主要目

 

4 機関の構造と特長

図1に機関全体の組立図、図2に機関横断面図を示します。本機関はロングストロークにするとともに、当社の過去の就航実績を見直し、信頼性、耐久性については特に各部品の強度に有限要素法を使用し、機械的及び熱的な両面から検討を行いました。新しい機構として油圧動弁、Lセーブリングの採用、また主管及び配管の簡素化、各主要ボルトのまわり止めの改善なども実施しています。構造物及び各部品の特長を図2に列記いたします。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,258位
(32,949成果物中)

成果物アクセス数
8,007

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年3月6日

関連する他の成果物

1.1級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
2.1級舶用機関整備士問題集解答付(平成12年度)
3.2級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
4.2級舶用機関整備士問題集解答付(平成12年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成12年度)
6.3級舶用機関整備士問題集解答付(平成12年度)
7.1級舶用機関整備士更新講習会指導書(平成12年度)
8.環境低負荷型舶用推進プラント研究開発研究成果中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から