日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船の科学館ものしりシート

 事業名 基盤整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


No.8/36

 

未来の船I

 

現代まで、船はその形や材料、造り方、また推進装置(すいしんそうち)などにさまざまな改良がなされてきました。では、これから先の船にはどのような工夫がなされるのでしょうか。現在、海面効果船(かいめんこうかせん)(SES)のような新しいタイプの船が開発されていますが、将来の客船や貨物船はそのような形になるのでしょうか。今、未来の船として期待されているのがテクノスーパーライナー(TSL)です。

 

1. テクノスーパーライナー(TSL)

「テクノスーパーライナー」とは、速力50ノット、貨物積載重量(かもつせきさいじゅうりょう)1,000トン、航続距離(こうぞくきょり)500海里(かいり)以上などを目指した超高速貨物船のことです。これまでの船型では時速約35ノットが高速化の限界とされ、時速約43ノット以上の高速で走れる船として海面効果船や水中翼船(すいちゅうよくせん)などがよく知られていますが、これらの船は短距離の小型客船などとして使われるだけに留まっています。「テクノスーパーライナー」の開発では、船の重さを支える浮力(ふりょく)、揚力(よくりょく)、空気圧力の3つのうち、浮力と空気圧力を組み合わせた空気圧力式複合支持船型(くうきあつりょくしきふくごうしじせんけい)(SES型)と浮力と揚力を組み合わせた揚力式複合支持船型(ようりょくしきふくごうしじせんけい)(水中翼船型)の2種類が開発されています。「テクノスーパーライナー」が就航(しゅうこう)すると、国内では一度に大量の貨物を半日程度で運ぶことができるようになります。また、アジア近隣の国々とも1〜2日で結ぶことができるようになり、特に東南アジア地域は、この先世界の中でも最も貨物輸送が伸びることが予想される地域なので「テクノスーパーライナー」の果たす役割は大変重要です。

 

(1) “飛翔”(ひしょう・空気圧力式複合支持船型)

「テクノスーパーライナーA船型」とよばれる“飛翔”の船体は、左右2つに分かれたサイドハルと、船首、船尾に設けられたシール材、姿勢制御(しせいせいぎょ)の水中翼などから成りたっています。比較的少ない馬力で高速が出せる船型となっているので、超高速貨物船実現が期待されています。船体の大部分はアルミ合金製で、この船型の長所として、高速化や大型化がしやすいことが上げられます。

実験船のテスト航走では、54ノットを超える最高速度を記録し、高さ4〜5メートルの波でも安定した航走結果が得られました。“飛翔”は、船体の下の方に海面効果船の様に空気を送り込んで、船体を浮かせて航走するしくみになっています。つまり、水に浸っている部分が少ないので船が進むときに生じる水からの抵抗(ていこう)が減り、少ない馬力で高速が出せるしくみになっているのです。

 

015-1.gif

 

015-2.gif

写真提供:TSL技術研究組合

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
45位
(31,578成果物中)

成果物アクセス数
202,566

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月14日

関連する他の成果物

1.船の科学館パンフレット
2.船の科学館資料ガイド「青函連絡船 羊蹄丸」
3.大阪港における規制緩和を踏まえた港湾運送事業の経営基盤強化に関する調査研究報告書(要約編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から