日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船の科学館ものしりシート

 事業名 基盤整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


No.15/36

 

船と港I

 

1. タグボート

船が港で出入港する際、大きな力になってくれる小さな船がタグボートです。大きなタンカーの隣にあるとおもちゃの船のように小さいけれど、とても力持ちな船です。自船の重量の何百倍もある船を押したり曳いたりできるという凄い力を持っています。なぜこのような船が必要かというと、船は車のように急には止まれないということが挙げられます。タンカーやコンテナ船などの大きな船はエンジンを後進にかけても、完全に止まるまでに2kmくらいは走ってしまいます。そこで、これらの船が港に離着岸するときにはエンジンをほとんど使わず、タグボートで押したり曳いたりしてもらうのです。タグボートは船の大きさに合わせ1隻で作業するときもあれば数隻で力を合わせて大きな船を離着岸させる時もあります。タンカーのブリッジからの指示で、タグボートは360度自由に動くことのできるノズル付きのスクリュープロペラの向きを調整して船を押したり曳いたりして、前後進、横移動など、出入港から離着岸のタンカーの動きをコントロールします。つまり港内ではタグボートが船舶のエンジンや舵の役割を果たすというわけです。わずか200〜300トンの小型船が1〜4隻で十数万トンの大型船を動かしてしまう、文字通り「縁の下の力持ち」です。

 

029-1.gif

上:作業中のタグボート

下:タグボートのプロペラ

(資料提供:株式会社新潟鐵工所)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
45位
(31,578成果物中)

成果物アクセス数
202,566

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月14日

関連する他の成果物

1.船の科学館パンフレット
2.船の科学館資料ガイド「青函連絡船 羊蹄丸」
3.大阪港における規制緩和を踏まえた港湾運送事業の経営基盤強化に関する調査研究報告書(要約編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から