日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船の科学館ものしりシート

 事業名 基盤整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


No.20/36

 

海をまもるI

 

1. 進水式の歴史

進水式=命名式で、船の誕生を祝うものです。進水式がうまくいかないと縁起(えんぎ)が悪いとされ、予定どおりに進水できなかったり、シャンパンやワインの瓶(びん)が割れなかったり、特に何かの事故で人が死んだり負傷したりするのは、最も悪い兆(きざ)しだと考えられました。古代、西洋では船を進水させるとき、花や葉を甲板に敷き詰めて船を覆い、酒を注(そそ)いで祝いました。これが中世になると、キリスト教徒の洗礼に似た儀式に変わっていきます。近代では飾りや儀式に変わり、船首から船尾まで色とりどりの旗で飾られるようになりました。くす玉の花吹雪も、こうした古来の習慣が形を変えたものとされています。またヴァイキングは、主神のオージンに対して進水の際に好んで人身御供(ひとみごくう)を捧(ささ)げました。生け贄(にえ)にされたのは囚人(しゅうじん)か奴隷(どれい)で、新造船の下に転がす丸太材に生け贄をつなぎ、船を進水させました。タヒチやフィジーにも似たような習慣がありました。しかし、このような生け贄の習慣は次第に敬遠されるようになり、人間の代わりに動物を使うようになりました。その後、血を連想させる赤ワインに変わったとされていますが、ワインは聖餐(せいさん)後の船の清めとしてローマ時代から用いられていたものです。進水式の赤ワインがいつの間にか白ワインでも良くなり、さらにシャンパンにかわり、割れた瓶の破片が飛び散らないよう銀製のネットで包まれるようになりました。また、禁酒下のアメリカではジンジャーエール、教会伝導船の進水ではミルクが使われたそうです。19世紀の初めまで、イギリスでは軍艦の進水式を取り仕切る役目を全部海軍委員に任せていましたが、1811年(享和(きょうわ)7)、後のジョージIV世となったリージェント王子がその役目に必ず婦人を当てました。現在の進水式では、女性の手により金又は銀の斧(おの)で船首をつなぎ止めている支綱(ささえづな)が切断されますが、ハノーバー王朝では、王女が必ず軍艦の命名者となり、力一杯赤ワインの瓶を船首に向かって投げつける姿が見物だったということです。

 

039-1.gif

 

039-2.gif

 

039-3.gif

縦向き進水

新しく誕生する船の名前が命名された後、船の舳から式台上に引き込まれたロープ(支綱)を小さな斧で切断すると、くす玉が割れるとともにロープの先に吊り下げた祝酒のビンが舳に当たって砕け(図1])、祝福の香りが船と人々を包み込みます(図2])。そして、勇壮な行進曲が演奏される中を新船は船台に敷かれたレールの上をゆっくりと海へ滑りこんで行きます(図3])。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
45位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
202,392

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.船の科学館パンフレット
2.船の科学館資料ガイド「青函連絡船 羊蹄丸」
3.大阪港における規制緩和を踏まえた港湾運送事業の経営基盤強化に関する調査研究報告書(要約編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から