日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船の科学館ものしりシート

 事業名 基盤整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


No.21/36

 

海をまもるII

 

1. 潜水艦の始め

人間はいつから海に潜る道具を作り始めたのでしょう。古代ギリシア・ローマ時代の哲学者からルネッサンスのレオナルド・ダ・ヴィンチまで、古来より人が水中を自由に移動するための装置の考案例は多数残っています。紀元前356〜323年(孝安(こうあん)天皇時代)、アレキサンダー大王がガラスで造った潜水鐘(しょう)で海に潜ったとされるように、ダイバーが空気の入っている樽(たる)や鐘とともに潜るという装置は古代からあったのですが、水中を自由に動き回れる乗り物が登場したのは17世紀のことです。オランダ人ファン・ドレベルの造った手漕ぎ木製潜水艇は、水面下すれすれではありましたが、とりあえず人類初の水中散歩に成功します。水中を航行する船の条件としては以下の事柄が必要です。1)海面下の水圧に耐えうる構造であること。2)推進・操縦の手段があること。3)深度の調節ができること。4)自船の位置を知る手段があること。これに加え軍用としては、5)敵情を知る手段があること。6)攻撃の手段があること。があげられます。これだけの手段を備えて、はじめて軍用潜水艇として実用化されたものは、アメリカ人ブシュネルが1776年(安永(あんえい)5)につくった“タートル”であったといわれます。“タートル”のシステムは左右の操縦は後方に設けた舵によるもので、深度の調節には、近代の潜水艦のようにバラストタンクを有し、深く潜るときは足で注水弁を踏めば外圧で水が入ってきます。注水には手動ポンプを用いました。船の下底部には鉛バラストがあり、緊急の場合はこれを捨てて浮き上がることができる仕掛けになっていたようです。攻撃手段としては、錐(きり)が船体上部に取り付けられており、これで敵艦の船底に穴をあけて、錐の軸に環にはまった長い綱の先の火薬箱を、錐とともに敵艦の船底に残す仕組みになっています。“タートル”を離れると同時に、時計仕掛けの発火装置が動き出すといった次第でした。使用されたのは2回だけで、成果の方はというと1度目はハドソン河で英艦“イーグル”を襲撃したが錐が舵支えの金物に当たってうまく刺さらず退却する途中火薬箱を離脱したので突然の水中爆発で敵を脅(おびや)かしただけで終わりました。2度目はニュー・ロンドンで英艦“セルベラス”を襲ったときです。このときの仕掛けは多少改善されていたようですが、爆発前に火薬箱の綱が敵に発見されてしまいました。敵兵は苦労してこれを甲板上に引き揚げ、この異様な荷物を調べようとしたときに爆発して相当の被害を与えたということです。

1850年(嘉永3)、プロシア軍砲兵隊伍長(ごちょう)のバウアーは、シュレウィヒ・ホルシュタイン紛争で、木材で骨組みを整え外側を鉄で覆(おお)った38排水量トンの潜水艦を建造しました。潜航と浮上にはバラストタンクを使用し、現在の潜航、浮上メカニズムの基本がこの時点で完成していました。

 

“タートル”のしくみ

041-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
45位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
202,392

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.船の科学館パンフレット
2.船の科学館資料ガイド「青函連絡船 羊蹄丸」
3.大阪港における規制緩和を踏まえた港湾運送事業の経営基盤強化に関する調査研究報告書(要約編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から