日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船の科学館ものしりシート

 事業名 基盤整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


No.30/36

 

室町時代(むろまちじだい)の船(ふね)と遣明船(けんみんせん)

 

1368年に元(げん)に代わって明(みん)が中国を支配すると、足利義満は明と交易をはじめました。その結果、応永11年(1404)から天文16年(1547)までのおよそ1世紀半の間に明に派遣された船は17次84隻にも及びました。これが遣明船です。

遣明船は使節船であると同時に貿易船であったため、使節一行と船頭以下の乗組員の他に多数の商人を乗せていました。150〜200人に及ぶ乗員に加えて、水、食料、貿易品などを積み込むには、当然、大型船が必要でした。けれども、遣明船は遣唐使船のように特別な船を新造したわけではなく、国内にあった大型船を借り入れて、居室用の屋形を増設したり、艤装品を補充するなど大がかりな改修を施して用いました。

遅くとも15世紀には、準構造船の船底部の刳船部材を板材に置き換えた棚板造りの船が出現します。棚板造りとは、航(かわら)と呼ぶ船底材に数枚の棚板を重ね継ぎして、多数の船梁(ふなばり)で補強した船体構造のことです。棚板構成は、根棚・中棚・上棚の三階造りと中棚を欠く二階造りが基本です。船首の形状はさまざまで、伊勢船(いせぶね)の戸立(とだて)造り、弁才船の水押(みよし)造り、上部を箱造り下部を水押造りとする二形(ふたなり)船の折衷(せっちゅう)形式があります。

棚板造りの船が準構造船と大きく異なるのは、船底材の形状だけですが、大型船では中棚を二段にした四階造りも使われました。しかし、刳船部材と違って板の航(かわら)はクスという特定の材を必要としないため、船材の選択範囲が広がり、造船が容易になったはずです。これは重要な進歩と言っていいでしょう。

18世紀前期に棚板造りが船の大小を問わず全国に普及した結果、和船と言えば誰しもこの船体構造を思い浮かべることになります。

 

059-1.jpg

遣明船(復元模型) 縮尺1/20

この模型は、『真如堂縁起(しんにょどうえんぎ)』等に描かれた絵画資料を元に復元した、遣明船です。大きな2枚の莚(むしろ)の帆、増設された使節用の屋形・鉄製の四爪碇(よつめいかり)などが見えます。なお船型は、船首形状が上部を箱造り下部を水押(みよし)とした二形船(ふたなりぶね)としています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
45位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
202,392

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.船の科学館パンフレット
2.船の科学館資料ガイド「青函連絡船 羊蹄丸」
3.大阪港における規制緩和を踏まえた港湾運送事業の経営基盤強化に関する調査研究報告書(要約編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から