日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

保育所子育て相談推進セミナー(大阪開催分)テキスト

 事業名 保育事業の振興並びに保育者の資質向上
 団体名 日本保育協会 注目度注目度5


参考資料

「保育園とくすり」の考え方

保育園とくすり

日本保育園保健協議会

 

家庭における子どもの健康管理は保護者の責任である。

保育園における病弱などの子どもの保育については、その子どもの症状・安静度・処方内容などの情報を保護者からの「連絡票」等によって把握し、健康管理に支障がないようにする。

 

A 保育園とくすり

1. 主治医から乳幼児に投薬されたくすりは、元来その保護者が与えるべきものである。

2. 保育園において、やむをえず保護者が与えることができないときは、保育園は保護者から所定の「連絡票」を求めたうえで協力する。

3. 慢性疾患の日常における投薬・処置については、その乳幼児の主治医または嘱託医の指示に従うとともに、保護者や主治医との連携を密にするように努める。(厚生省「保育所保育指針」第12章)

4. くすりは、園児を診察した医師が処方し調剤したもの、あるいはその医師の処方によって薬局で調剤したものであること。

5. 保護者の個人的な判断で持参したくすりは、保育園としては対応できない。

 

B 保護者からの依頼について

上記に基づいて保育園が保護者からのくすりを預かるときは、次の事項を確認すること。

1. くすりとともに所定の「連絡票」を添付されていること。なお「薬剤情報提供書」がある場合にはそれも添付されていること。

2. 所定の「連絡票」、あるいは「薬剤情報提供書」には処方内容・調剤した医療機関名(医師名)、調剤薬局名が明示されていること。

3. 園児の氏名がくすりの容器・薬袋などに明示されていること。

4. 処方内容・服薬方法(回数・時間等)などが明示されていること。

5. 医師から伝えられている病名または具体的な症状が「連絡票」に記載されていること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,930位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
4,335

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.保育所保育・保健研修セミナー(東京開催分)実施要綱
2.保育所保育・保健研修セミナー(東京開催分)テキスト
3.保育所保育・保健研修セミナー(大阪開催分)実施要綱
4.保育所保育・保健研修セミナー(大阪開催分)テキスト
5.保育所子育て相談推進セミナー(東京開催分)実施要綱
6.保育所子育て相談推進セミナー(東京開催分)テキスト
7.保育所子育て相談推進セミナー(大阪開催分)実施要綱
8.保育所子育て相談推進セミナー実施結果について
9.札幌市平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会開催要項・テキスト
10.滋賀県平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会実施要項・テキスト
11.京都市平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会実施要項・テキスト
12.平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会の実施結果について
13.私たちの乳児保育
14.保育所保育・保健研修セミナー実施結果について
15.大阪平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会実施要項・テキスト
16.日本人のライフサイクル変化に関する研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から