日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


Wallem ShipManagement Ltd.

 

46th Floor, Hopewell Centre

183, Queen's Road East, Hong Kong.

Tel: + 852 2876-8200, Fax: + 852 2876-1210

 

1. Outline of company

Wallem Shipmanagement Ltd. is a company within the Wallem Group Ltd. It is almost a hundred years since Haakon J Wallem, a Norwegian, started his shipping venture in Shanghai, then the hub of international commerce and trade along the China coast. His first ship was the sail-assisted steamer SS Ocsar ll named after the King of Norway and Sweden.

In 1925, the decision was taken to expand operations beyond Shanghai and a company was set up in Hong Kong. Following the death of Haakon J Wallem in 1951, this was the base for the expansion of the group in the 1950's and 1960's, catering principally to the new breed of Hong Kong shipowners. Wallem's ship management skills helped numerous Hong Kong shipowners to get their budding fleets under way.

The late 1960's and 1970' saw a rapid expansion of ship-owning in Hong Kong with new-buildings ordered from Japan and long-term charters to Japanese industrial groups. Making good use of Hong Kong's lower operating costs, Wallem was to become one of the largest independent ship managers in the world.

Through the decades, Wallem has continued to build its network, opening offices through Asia and in Europe and the USA. Wallem returned to its roots with the re-establishment of its Shanghai office in 1987 to take advantage of the opening up of China's economy.

Today, the Wallem Group encompasses ship-owning, ship and cargo broking, ship management, ship agency, and shipyard and marine equipment services.

 

2. Organisation of the company

Headquarters: Hong Kong

Offices: Wallem Ltd. (London)

Wallem Shipmanagement Inc. (Florida)

Wallem Maritime Training Centre : Mumbai (India)

Joint venture partnership : Jahre-Wallem A/S (Norway)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
625位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
15,814

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
5.米国造船業の集約化に関する調査
6.東南アジア造船関連レポート19
7.ポーランド造船業の現状と展望
8.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
9.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
10.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
11.豪州の海洋レジャー産業の現状
12.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
13.米国における海賊対策等に関する調査報告書
14.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
15.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
16.中国造船業の概況
17.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
18.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
19.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
20.東南アジア造船関連レポート20
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から