日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

ポーランド造船業の現状と展望

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


30. ポーランドは高度経済成長を志向し、また、2002年末を目標とするEU加盟に熱意を燃やしている。これが実現すれば国は豊かになり給与水準が上昇するが、それはポーランドの各造船所が今なお一部の海外造船所に対して保持しているコスト面での優位が崩れることを意味する。したがって慎重な原価管理が将来における同国造船所の命運を決めることになる。

 

将来展望

 

ポーランド造船業の未来は以下の要因にかかっている。

1. 国内造船所がアジアの大手造船所と競合して、どこまで建造量と市場シェアを確保できるか。ポーランド国外に能力拡大の機会を求めれば、これを達成できるかもしれない。

2. 未進出地域の市場に引き続き浸透を図り、現在進められている建造船種の多様化を一層推進すること。グディニア造船所における超パナマックス型コンテナ船の建造もその一例といえる。

3. グダンスク造船所ではすでに進行中であるが、ポーランド国内の造船設備の再整備をさらに進めること。ただしポーランドが目標としているように2002年末までのEU加盟が実現すれば、ポーランドの政府助成如何によっては、各造船所の年間建造量に上限が課せられるかもしれない。(EUでは、規定内の政府助成を認める代わりに、助成を受ける造船所に建造量の上限を課している。)そうなれば高付加価値船種に特化しようとする意欲が一層刺激されることになろう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,690位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
5,140

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
9.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
10.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
11.豪州の海洋レジャー産業の現状
12.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
13.米国における海賊対策等に関する調査報告書
14.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
15.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
16.中国造船業の概況
17.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
18.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
19.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
20.東南アジア造船関連レポート20
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から