日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

ポーランド造船業の現状と展望

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


しかし93年末頃から、グダンスク造船所はLatvian Shippingとの間で、同社が発注した11,300m3型冷蔵船をめぐり、長期にわたる紛争を続けている。冷蔵船市場が下降に向かうと、船主は契約条件の見直しを申し入れ(契約総額は1億7,000万米ドルといわれる)、各船について第1回支払分を支払っただけで以後の支払いを停止した。それ以来グダンスク造船所は救済を求め、その債権主張を担保するために、多数のLatvian Shipping所有船が差し押さえられた。紛争はまだ係属中で、グダンスク造船所は1999年12月、倒産したLatreefers Inc.の管財人に6,000万ドルを請求する訴えを起こした。(LatreefersはLatvian Shippingの子会社で、当初これらの船舶を発注した船主である。)

 

3.4 その他の造船所

Cenal造船所:

以前グダンスク造船所の一部であった設備を使用している民有のCenal造船所 は1996年に設立された。設立主体はCentromor(持分60%)と修繕船企業Alkor(40%)である。当初からこの造船所は、北欧船主向けの、漁船、フィヨルド航路用フェリー、小型特殊船を建造している。建造設備は、横向き進水式船台1基、浮ドック2基(うち1基は揚げ能力7,000トン)、内業工場2棟となっている。この造船所で建造される小型船はクレーンにより、また、やや大型の船舶はポンツーンを使用して進水される。

Cenalは1998年に利益を計上し、納期が正確で、そのため同じ船主からの再発注があるので、経営陣は99年も同じような業績を予想している。同社は事業範囲を拡大する意向はないようで、国内の他造船所向けの船殻建造と漁船建造という現在の事業に集中するものと見られる。

 

Stocznia Polnocna:

Polnocna造船所の設備は、98年1月に同社の株式の40%を取得したGdanska Stocznia Remontowaに隣接している。Stocznia Polnocnaは、90年代に事業活動を多角化し、商船建造の比重を高めた。91年にはまだ建造船舶すべてが艦艇だったが、97年と98年は逆にすべて商船という状況に変った。

近年、漁船が同造船所の竣工量の約半分を占めているが、タグ、フェリー、小型の多目的コンテナ船なども建造している。99年には12隻分の船殻を完成したが、その詳細はまだ明らかになっていない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,690位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
5,140

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
9.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
10.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
11.豪州の海洋レジャー産業の現状
12.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
13.米国における海賊対策等に関する調査報告書
14.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
15.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
16.中国造船業の概況
17.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
18.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
19.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
20.東南アジア造船関連レポート20
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から