日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


Hamworthy KSEは、その成功は、堅実な会計と契約管理戦略を背景とした精力的なコマーシャル・アプローチと製品革新に基づくものであると言っている。

同社は、次第に、製品製造を下請けに出し、設計、購買及び顧客関係の管理に焦点を当てるようになってきている。例えば、ハッチカバーに関して、Hamworthy KSEは全ての設計を行い、油圧、電気、電子制御等について責任を持つが、製造については下請けに出している。同社は、欧州ではハッチカバーを製造するためのスチールを自ら購買するが、極東ではこれを実施せず、極東の顧客に購買させている。

同社は、サービスネットワークの運営についてもある変更を実施したようであるが、詳細を明らかにすることを拒否した。大まかに言えば、HamworthyとKSEは双方とも世界の多くの場所で販売及びサービス企業を運営していたことから、何らかの合理化は要求された。この合理化は買収の後12ヶ月以内に実施された。

Hamworthy KSEによれば、将来収入の四分の一以上が部品販売とサービスからもたらされると予測される。それゆえ、広範囲な製品領域を維持することは、収入増の可能性をもたらすこととなる。同社は、以前のHamworthyとKSEがそれぞれ単独では達成できなかった領域においても今やその存在を誇示できるようになった。

Hamworthy KSEは、現在、同社を英国の企業ではなく、多国籍企業(インターナショナル・カンパニー)として売り込んでおり、従業員の大半は英国人ではなく役員の半数も英国人以外であることを指摘している。トレード・フェアや展示会では、同社は英国やノルウェーの企業として見られることを避けるため、いかなる国の旗印の下でも展示しない方針を持っている。

Powell Duffrynは、実質的な投資能力を持っており、同社の事業に価値を付加する更なる買収を追求し続けることを明らかにしている。あり得る将来の買収に関して、同社の主な判断基準は、買収対象会社が製造能力の制約を持っているかどうか、強い研究開発のスキルを持っているかどうか、関連する技術製品を供給しているかどうか等である。更なる買収はあり得るが、同社はターゲット企業がしばしば高値をつけすぎていることに注意している。

 

4. 論評

Powell Duffrynによる事業の見直しの決定は、Hamworthy KSEに大きな利益をもたらし、今後ももたらし続けるように見受けられる。事業の売却は、同社に他の企業に投資する現金の蓄えをもたらし、同社は活発に買収の機会を追求してきた。しかし、そのアプローチは注意深く、既存の事業に適合しない事業や既存の事業に価値を付加しない事業あるいは高価すぎる事業については購入しないよう考慮された。

KSEの買収は、Powell Duffryn/Hamworthyの判断基準を全て満足し、以前の競合相手の技術的強さ、地域的強さ及び事業分野の強さから明らかに利益を得ることの出来る新会社を設立した。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,685位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
5,162

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.ポーランド造船業の現状と展望
9.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
10.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
11.豪州の海洋レジャー産業の現状
12.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
13.米国における海賊対策等に関する調査報告書
14.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
15.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
16.中国造船業の概況
17.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
18.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
19.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
20.東南アジア造船関連レポート20
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から