日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


2-4 電波分野にみる軍事技術の変遷

 

電波は1888年ヘルツによりその存在を確かめられて以来急速に技術開発が進められ、この100年間で数え切れないほどの技術を提供してきた。電波の利用法は大きく分けて通信、測位・隔測、エネルギー利用の3つであるが、最初に利用されたのは通信の分野でイタリア人マルコーニの無線電信の発明はあまりにも有名である。

マルコーニは1895年イタリアで2,400mの距離の通信に成功し、翌年イギリスにわたり特許を申請するとともに3,200m離れた地点間のモールス信号受信公開実験に成功、更に研究を進め1899年には英仏海峡約50kmの通信に成功、その後同調回路を採用して選択性を高める工夫をおこない、通信距離を飛躍的に増大し1901年英国・カナダ間の大西洋横断通信実験に成功し、無線電信は急速に普及することになった(参考資料8)。

 

無線電信は、直ちに軍事技術として利用された。マルコーニが無線電信を発明してから最初の世界的大海戦は、1905年の日本海海戦である。日本海軍は無電機を全艦艇に装備する計画を立てマルコーニ社から購入しようとしたが、当時の金で100万円という法外な額を要求されたため自主開発を決意し、日露戦争開始の前年1903年36式無線電信機を全艦艇に装備した。

36式の通達距離は150kmであるが、当時の実用機としてはなかなかの性能であったということが出来る。日本海海戦の勝利は、1905年5月27日未明対馬海峡を北上するバルチック艦隊を発見した仮装巡洋艦信濃丸が“敵艦見ゆ”の無線電信を連合艦隊に発信したことによりもたらされた。

一方バルチック艦隊は、ドイツのテレフンケン社の無電機を装備していたが故障の連続で、日本海海戦の時には使用不能の状態であったといわれている。

 

無線電信は当然商船にも急速に普及した。タイタニック号が沈没したのは1912年4月15日であるが、この頃は全部の商船が無電機を装備しているとは限らなかった。しかし、当時の最高の技術を駆使して建造されたタイタニック号には当然無電機が装備されており、タイタニック号が氷山にぶつかり浸水が始まると船長は無線通信士にSOSの打電を命じている。

距離90kmから1,000kmにいた7隻の船が、タイタニック号のSOSを受信している。SOS受信の3時間半後にはカルバチア号が救助現場に到着、無線電信の威力を示した最初の事故となった。

 

通信分野での電波の利用は、持続式電波の発生を可能にした電弧式発振器の発明による無線電話の誕生(1903)を経て、1924年頃には欧米諸国では中波の放送局が次第に増えつつあったがその年日本の電気試験所で始めて米国オークランド放送局の周波数96.1KHz、送信電力3KWの電波が受信された。ちなみに、日本のラジオ放送開始は1925年である。

1936年のベルリンのオリンピックではテレビジョンの実況中継が行われ、写真電送も実用化されるまでに成長したが、技術開発は急速に軍事技術に傾斜されていき、テレビ等の本格的普及は第2次世界大戦終了を待たなければならなかった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,077位
(32,303成果物中)

成果物アクセス数
9,120

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月30日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.ポーランド造船業の現状と展望
9.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
10.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
11.豪州の海洋レジャー産業の現状
12.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
13.米国における海賊対策等に関する調査報告書
14.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
15.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
16.中国造船業の概況
17.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
18.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
19.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
20.東南アジア造船関連レポート20
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から