日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


3-5 軍事技術開発予算の変化

 

軍事技術開発費をみる前に、まず民生研究も含めた米国全体の研究開発費をみてみる。第7表は1960年から97年までの研究開発費の推移を、第8表は1980年から98年までの軍事費の使用内分けを示したものである。第7表によれば米国の総研究開発費の絶対値は1960年から90年までは年率6-15%の伸びを示しているが、1990年以降は2-8%の伸びに抑えられている。また、米国全体の研究費に占める連邦予算研究開発費の比率も1960年には65%であったものが97年には30%に激減している。さらに、1960年には米国全体の研究開発費の53%が軍事技術の開発に使用されたが、その比率は年々減り続け1997年には17%が軍事技術開発、4%が宇宙開発、その他の79%は民生技術の開発に使用されている。

 

第8表では全体の軍事費の絶対額は1980年から90年までは年々増加しているが、その増加率は年毎に落ちている。また、1990年以降は減少して1998年の軍事費は1985年当時の水準の2640億ドルとなっている。全体の軍事費に占める軍事技術開発費は、1980年の130億ドル(9.8%)から1998年の360億ドル(13.6%)とそのシェアは逆に多くなっている。

 

第9表は2000年度予算教書の中の連邦政府技術開発予算の打分けを、配分される省庁あるいは機関ごとに示したものである。本表によれば1993年の連邦研究開発費は725億ドル、その58%の422億ドルが軍事技術の研究開発に使用された(Funding by R&D Share)。これらの数値は、2000年度の予算では連邦研究開発費総額782億ドル、軍事技術の研究開発に使用される総額は49%の385億ドルと初めて民生研究費が軍事技術研究費を上回ることとなった。第7表及び第8表は、実際に使用された研究費に基づく統計であり、第9表は予算であるので個々の数値は若干異なるが年次的傾向は同じである。

 

第9表の軍事予算のテーマ別分類(Funding by Defense Theme)では、2000年度に12億ドルが基礎研究に、46億ドルが応用研究に割り当てられているが、軍事技術開発に用いられている総額385億ドルの予算の大部分は試作やテストを含む開発費320億ドルである。385億ドルという数字は2000年度にDODに配分される予算350億ドルよりも多いが、これは他の省庁に割り当てられた予算のうち35億ドルが軍事技術開発に振り向けられていることを示している。

 

2000年度予算教書は、DODに振り向けられた予算の一部が民間産業の技術ノウハウと経済的なメリットを軍需産業に取り込む目的の軍民両用プログラムの推進と産業運営金融イニシアティブに使われると述べている。つまり、クリントン政権の初期には軍事技術を民間産業に転化する手段として使われた軍民両用プログラムの目的が、若干変わってきているといえる。NISTが管理するATPはクリントン政権発足以来ずっと続いているが、2000年度では2億3千9百万ドルの予算が計上されている。ATPに似たプログラムとして、DODは先進概念技術デモンストレーション・プログラム(Advanced Concept Technology Demonstration: ACTD)を実施している。

 

現在44のACTDが実施され、13プロジェクトが完成している。完成した技術例としては、伝染性A型肝炎ウィルスに有効なワクチンが開発されて食品医薬品局(Food and Drug Administration:FDA)の認可を受け、軍用及び民間用に市販されている例がある。また、DODは遺伝子操作でマラリヤに効くワクチンの開発に成功している。その他ACTDの開発例としては、防弾用軽量新素材の開発等がある。クリントン政権は21世紀研究開発基金(21 Century Research Fund)の名の下に民生技術の重点分野に集中的に予算を振り向け、その額は2000年度で380億ドルに及び連邦研究開発予算780億ドルの49%に達する。対象分野は、コンピューターを含む情報技術、医薬生命科学、宇宙開発等でその成果が期待されている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,075位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
9,113

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.ポーランド造船業の現状と展望
9.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
10.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
11.豪州の海洋レジャー産業の現状
12.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
13.米国における海賊対策等に関する調査報告書
14.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
15.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
16.中国造船業の概況
17.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
18.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
19.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
20.東南アジア造船関連レポート20
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から