日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

米国における海賊対策等に関する調査報告書

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


はじめに

 

現在、世界各地で商船に対する海賊行為が発生し、多くの我が国の船舶や我が国船社関係船舶が、その被害を被っているのは周知のことである。従来から、我が国はIMO等の国際機関に海賊問題の解決を働きかけるとともに、特に海賊行為の発生が著しい地域については、二国間又は多国間の国際協調や協力を実施しているところである。

 

そこで、今般当事務所では、米国における海賊対策について調査してみた。調査の結果、数は少ないながらも米国とその周辺海域でも海賊行為や船舶からの窃盗行為が報告されていることが判った。また、米国籍船(海軍の戦略シーリフト艦も含む)に対する海賊行為(未遂も含む)も数例報告されていた。

 

しかしながら、米国籍船や米国船社支配船舶が関係した海賊行為の発生件数は極めて少数にとどまっている。考えられる理由としては、

1 船舶(特に米国籍船)の絶対数が少なく、海賊に遭遇する機会も小さい。

2 いわゆる「危険地域」を通過する航路が少ない

3 米国籍船の船員は、銃を所持していると思われており、海賊も敬遠する。

4 やはり、米海軍がこわい。

などがあげられよう。

 

この調査報告では、米国籍船及び米国船社支配船舶が海賊行為にあった事例、米国及びその周辺海域における敵対行為の事例、米国船社における海賊対策、等について簡単にとりまとめた。我が国の実状とは相違する部分も多いとは思われるが、今後、海賊対策で米国との国際協調は益々重要になると思われるところ、米国における海賊被害の実態や米国の対策、考え方などを把握しておくことは有益であると思われる。本書が関係各位の理解の一助になれば、と考える次第である。

 

平成13年1月25日

ジェトロ・ニューヨーク・センター

((社)日本中型造船工業会共同事務所)

船舶部 ディレクター 市川吉郎

アシスタント・リサーチャー 氏家純子

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,332位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
3,230

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.ポーランド造船業の現状と展望
9.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
10.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
11.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
12.豪州の海洋レジャー産業の現状
13.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
14.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
15.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
16.中国造船業の概況
17.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
18.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
19.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
20.東南アジア造船関連レポート20
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から