日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

米国における海賊対策等に関する調査報告書

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


WORLDWIDE VIOLENT ACTS AGAINST TRANSPORTATION

090-1.gif

 

II. INTERNATIONAL TERRORISM AGAINST TRANSPORTATION2

 

The international terrorist component of attacks against transportation has fluctuated from year-to-year, but indigenous attacks against transportation have steadily increased. This may be explained, at least in part, by the dramatic increase in the last decade of worldwide religious and ethnic violence. Religious and ethnic extremists appear to be motivated by intolerance and hatred rather than the political ideologies of earlier decades. In regions of the world where religious and ethnic conflicts are raging, public transportation has taken on new importance -- one in which these extremists target trains, buses, and ferries to kill large numbers of their designated enemies, and innocent civilians. While no country is immune to religious and ethnic violence, many of the countries in which many of these attacks occur generally have inadequate security, and law enforcement agencies that are understaffed and insufficiently trained in counter-terrorist operations.

 

2 No one definition of terrorism has gained universal acceptance. For the purposes of this report we have chosen the definition of terrorism contained in Title 22 of the United States Code, Section 2656f(d), which defines "terrorism" as premeditated, politically motivated violence perpetrated against noncombatant targets by subnational groups or clandestine agents, usually intended to influence an audience. The term "international terrorism" means terrorism involving citizens or the territory of more than one country. "Domestic" or "indigenous" terrorism involves groups or individuals whose activities are directed at elements of their own government or population without foreign involvement. Criminal attacks are unlawful acts committed for personal motives and not necessarily political in nature.

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,332位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
3,230

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.ポーランド造船業の現状と展望
9.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
10.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
11.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
12.豪州の海洋レジャー産業の現状
13.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
14.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
15.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
16.中国造船業の概況
17.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
18.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
19.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
20.東南アジア造船関連レポート20
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から