日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


4. 固形廃棄物関連技術

 

4-1 固形廃棄物-米海軍

 

固形廃棄物(Solid Waste)は、バイオ劣化型(食物屑、紙、カードボード、木等)、非バイオ劣化型(鉄及び非鉄金属、ガラス)及びプラスチック廃棄物に大別される。

MARPOL 73/78附属書Vは、プラスチック廃棄物の船外への廃棄を一切禁止し、バイオ及び非バイオ劣化型廃棄物については第2-1節で述べたごとく洋上廃棄について廃棄物の種類に従って陸岸からの距離を定めている。米国では、1987年に制定されたAPPSではCWAに基づく特殊海域での廃棄を禁止しゼロ廃棄海域を定めているが、艦艇の場合APPSに完全に従うと艦艇としての本来の機能を損なうことから連邦議会は艦艇の固形廃棄物処理に関する特別措置を認める方針を採った。

 

ただし、プラスチック廃棄物については一般船舶並みに一切の洋上廃棄を禁止し、艦上処理後持ち帰って再利用する方針とした。このため、94年度及び97年度国防承認法は1998年12月までに全艦艇にプラスチック廃棄物処理装置(Plastic Waste Processor: PWP)を装備することを決めた。海軍は直ちにPWPの開発に着手し、海軍水上戦闘研究センター、カルデロック・ディビジョン(Naval Surface Warfare Center, Carderock Division: NSWCCD)のアナポリス研究所で陸上試験の後、空母George Washington(CVN73)、空母Theodore Roosevelt(CVN71)、強襲揚陸艦Wasp(LHD1)、駆逐艦Vandegriff(FFG48)等で実艦試験した。

 

1994年5月から11月までの6か月間、空母George Washingtonにはじめて装備されたPWPは順調に作動し、5,000個の処理後円盤(総重量48,500ポンド)を作り出した。日数割りにすると1日120個の円盤が作られたことになる。通常、1隻の空母は典型的な6か月の航海で216,000ポンド(100トン強)のプラスチック廃棄物を産出するといわれているので、George Washingtonの場合は試験も兼ねて通常航海の2倍以上のプラスチック廃棄物が処理されたが結果は上々であった。なお、艦艇のプラスチック廃棄物はボリュームでは全固形廃棄物の38%を占めるが、重量ベースでは6%を占めるにすぎないので、処理後の円盤を持ち帰ることに何等の支障はない。艦上試験終了後、実艦搭載用として最初の22基はウエスティングハウス社に次の21基はテネシー州のユニバーサルテクノロジー社に発注され、いずれも順調に作動し現在では全艦艇に装備されている。

 

PWPは1)プラスチック粉砕機、2)圧縮溶融ユニット、3)閉ループ冷却システムの3つのシステムから成り立っている。第4-1図にPWPの概念図及び作動中の写真を示す。3つのシステムは艦の大きさにより必要個数が異なる。フリーゲート艦では2基の圧縮溶融ユニットと1基の冷却ユニット、空母では5-6基の粉砕機と14基の圧縮溶融ユニット及び7基の冷却ユニットといった具合である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
596位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
16,713

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.ポーランド造船業の現状と展望
9.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
10.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
11.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
12.豪州の海洋レジャー産業の現状
13.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
14.米国における海賊対策等に関する調査報告書
15.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
16.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
17.中国造船業の概況
18.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
19.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
20.東南アジア造船関連レポート20
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から