日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


4-3 プラズマアーク廃棄物破壊システム

 

本節では、今後船舶の固形廃棄物処理で重要な位置を占めると思われる、海軍が開発中のプラズマアーク廃棄物破壊システム(Plasma Arc Waste Destruction System: PAWDS)について述べる。海軍は99年度に、艦艇の固形廃棄物を艦上で処理するPAWDSの実用化を目指して3年計画のDOD先端技術デモンストレーションプログラムの一つとして、PAWDSプログラムを発足させた。

PAWDSは、基本的に電弧放電によって生じたプラズマ状態の超高温ガスで固形廃棄物を破壊するもので、平均温度は10,000−30,000度に達する。通常の焼却炉の温度はせいぜい900-1,200度であるので、その破壊力はすさまじく燃焼可能の廃棄物は急速にガス化され、燃焼しない廃棄物は溶融状態となる。PAWDSの一つの利点は、処理温度が高いためガス化に際して分子レベルの分解を伴うので排ガスがクリーンなことである。プラズマアーク技術は、貴金属の精練、肥料やアセチレン製造の分野で100年以上用いられてきており、陸上廃棄物処理へのパテントも多く出ているが、舶用として用いられた実績はなく今回のPAWDSプロジェクトでは幾つかの技術的障害を克服しなければならなかった。

 

通常大きな艦では、1日5トン以上の固形廃棄物を産出する。これ等の圧縮前の密度は5-15ポンド/立法フィートであるので、5トンの固形廃棄物というとその容積は2〜3,000立法フィートに達する。第4-1節で述べたごとく、現在艦艇は議会から固形廃棄物に関する特別措置を認められそれに基づく機器により処理しているが、議会は同時にその特別措置が一時的なものであり優れた環境機器を開発して世界海事産業でリーダーシップを発揮することを求めている。

第4-1節で述べた特別措置に基づく固形廃棄物処理の問題点は、廃棄物処理の全体コスト及び人件費が高く(CVN 68で18人専属)、世界の辺地で陸上処理する港が見つからない場合が多々あること、米国の特別措置を認めない国が増えていること等であり、米海軍は次世代の固形廃棄物処理装置を一日も早く開発して艦艇が世界中何処でも長期間戦闘能力を落とすことなく活動できる体制を作る必要に迫まられている。

 

海軍では、次世代の固形廃棄物処理装置として幾つかのシステムを検討したが、熱破壊システム、就中超高温プラズマアークによるシステムが最適であるとの結論に達し1996年議会に報告した(Navy Report to Congress、1996)。

PAWDSプロジェクトの目的は、舶用PAWDSに必要な技術及び設計要因を把握するために陸上にフルスケールのPAWDSを設置して、諸試験を実施することにある。艦載のPAWDSは陸上のそれと比較して極端に重量とスペースの制約を受け、さらに、極端に少ない数の乗組員で運転及びメンテナンスできるものでなければならない。また、艦艇特有の制約として、発生する高温、高熱が敵の識別装置に捉えられて攻撃目標とならないよう、システムの急速スタート、急速シャットが要求される。一般の艦艇用機器に要求される耐衝撃性能が要求されることは、もちろんである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
596位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
16,713

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.ポーランド造船業の現状と展望
9.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
10.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
11.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
12.豪州の海洋レジャー産業の現状
13.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
14.米国における海賊対策等に関する調査報告書
15.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
16.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
17.中国造船業の概況
18.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
19.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
20.東南アジア造船関連レポート20
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から