日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


5-3 バラスト水

 

船舶からの排出物で、環境と人間の生活に重大な影響を与えるものとして最近立法化が急がれつつあるものに、船舶のバラスト水中の生物種の非原産地での排出問題がある。米国の海域が外国の水中有害生物種(Aquatic Nuisance Species: ANS)で脅かされている事実は、最近のトピックの一つとなっている。過去数10年間で、侵入してきた外国種は急激に増えているが、200海里のEEZ以遠で操業している船が米国のEEZに入ってバラスト水及び沈殿物を排出するのがANSを持ち込む大きな原因となっている。ひとたびANSが入り込むと、米国だけでも数千億ドルの損失を招くおそれがある非常にリスクの大きな環境問題である。

 

1999年の海洋生物侵入種問題会議で、内務長官Bruce BabbitはANS侵入防止及び対策のための連邦政府と産業界の出費は年間123百万ドルの巨費に達し、12週に1度は新しい生物種が米国のEEZに入込み、生態学上、経済上、レクリエーション及び健康上に重大な影響を与え、その損失は長期にわたるので油濁を上廻る環境問題であると述べている。

1度ANSが定着すると、その除去はほとんど不可能であるので、侵入防止が唯一の防止策となっている。ANSが侵入地区で繁殖する条件は、その地域が原生地域と気候及び環境条件が似ていて、かつ、天敵がいないことである。

 

米国で最近最も注目を集めたANSの事例は、5大湖におけるゼブラむらさき貝の1989年の繁殖である。この貝はカスピ海原産であるが、1986年ロシア船のバラスト水中の幼生貝が5大湖で排出されたことが原因であることが確認されている。この貝は湖底で猛繁殖して、水中の植物相や水の化学そのものを変えて、在来種の生存を不可能にした。さらに、25百万人が利用する日量7千億ガロンの取水口群に取り付いて取水を不可能にしたため、農場は荒れ数百の工場、原子力及び火力発電所が閉鎖に追い込まれた。本件により2003年までに米国が受ける被害総額は、30億ドルと見積られている。

 

船舶のバラスト水は、ある場合には世界的な伝染病の媒介手段となるので、そのコントロールは非常に重要である。米国EEZに海外から到達するバラスト水は、年間210億ガロンといわれている。特に、タンカーは1隻で74百万ガロンのバラスト水を蓄えるものもあるので問題は大きい。

このバラスト水は、時に外国の人口密集地で積まれ、多種のANSを含んでいる。通常1隻のバラスト水から500種のウイルス、バクテリア、原生動物、菌、糸状菌、動物、植物等が見出される。1990年には、ガルフ港に入った貨物船からコレラ菌が見つかっている。

バラスト水は、塩分の濃度により真水(0-0.5 parts per thousand)、半塩水(0.5-30ppt)、塩水(30ppt以上)に分けられる。大部分のANSは真水あるいは半塩水中のものなので、塩水中では死滅する。したがって、200海里EEZ以遠、2,000m水深の場所でバラスト交換すれば、大部分のANSを死滅させることができる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
596位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
16,713

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.ポーランド造船業の現状と展望
9.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
10.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
11.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
12.豪州の海洋レジャー産業の現状
13.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
14.米国における海賊対策等に関する調査報告書
15.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
16.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
17.中国造船業の概況
18.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
19.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
20.東南アジア造船関連レポート20
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から