日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


2. 大気汚染と船舶

 

2-1 大気汚染の現況

 

地球の温暖化と二酸化炭素(CO2)、地域(例えば四日市)喘息と酸化窒素(NOx)/酸化硫黄(SOx)、酸性雨とNOx/SOx、大都市に発生するスモッグといった大気汚染の問題が、日常茶飯事のごとく新聞紙上を賑わすようになっている。

スモッグは、地表オゾンが原因である。オゾンは、成層圏と対流圏において共に環境問題に重要な関係を持っている。成層圏オゾンが太陽からの紫外線を吸収し、地球上に人類が生存することを可能にしている善玉であることは良く知られている。対流圏オゾン、特に地表に近い地表オゾンは大気中のNOx、SOx、揮発性有機化合物(Volatile Organic Compound VOC)等の排気物と結合してスモッグの元凶となり、人間の肺、呼吸器系に害を与え、自然の生態系や農作物に害を及ぼしている。

EPAは、大気汚染物質を基準大気汚染物質(Criteria Pollutants: CPs)と有害大気汚染物質(Hazardous Air Pollutants: HAPs)に分けて対応している。CPsは大量に、HAPsは比較的少量でも大気中に放出されると、環境と人間の健康に悪影響を及ぼす。

1997年以前、EPAがCPsに指定していた物質は、一酸化炭素(CO)、NOx、SOx、VOC、微少粒子(Particulate Matters: PM)及び鉛(Lead)の6種であったが、1997年アンモニア(Ammonia)を加えて7種とし、アンモニアに関する1990年に遡るデータを公表した。アンモニアは空中でSOx、NOxと反応して硫化あるいは窒化アンモニアとなり、PM-2.5(2.5ミクロン以下のPM)となって検出されている。

これらCPsは、EPAにより1970年代初期以来全国各地で常時測定されているが、測定ステーションは順次増加し、現在では全米で4,000か所以上となっている。

 

1970年のCAA公布後、EPAはまず大気基準 (National Ambient Air Quality Standard: NAAQS)を作成し、環境と健康を守るための基準とした。NAAQSはCO、オゾン、NOx、SOx、鉛、PM-10の6つのCPsの集中レベルであり、排出レベルとは異る。

NAAQSは、健康を守るためのPrimary Standardと、作物、建物等健康以外のものへの害を無くすためのSecondary Standardから成り立っている。第2-1表は1992年のNAAQSである。大気の汚染度は日々、あるいは時間ごとに異なっているので、平均値よりも時間内のピークの汚染度が問題となる。COの例では、1年間のどの8時間をとっても9ppm以下であり、また、どの1時間をとっても35ppm以下であることが必要である。1つ以上のCPsが持続的にNAAQSを越えている地域は、未達成地域(Non-Attainment Area: NA)に指定され、NAAQSを達成するよう特別の指導が施される。CAAは、EPAが5年ごとにNAAQSを見直すことを義務づけている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
368位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
28,525

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.ポーランド造船業の現状と展望
9.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
10.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
11.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
12.豪州の海洋レジャー産業の現状
13.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
14.米国における海賊対策等に関する調査報告書
15.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
16.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
17.中国造船業の概況
18.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
19.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
20.東南アジア造船関連レポート20
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から