日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


4-4 MTBEの規制

 

CAAAは、CO値がNAAQSの基準を超す31都市地域での酸化剤混入燃料の強制使用と、その他のCO問題地域での任意使用を定めている。前述のごとく、冬期これらの地域で売られるガソリンは2.7重量%の酸素を含んでいなければならないが、エタノールは揮発性が強いため、現在酸化剤として使用されているのはMTBEが85%でエタノールは8%に過ぎない。

EPAは、2.7%の酸素を含んだガソリンを使用することによって7-15%のCO減少が期待できることをテストによって確認し、かつ、1992年OFPの実施によって大気中のCOを平均8%減少させることができたと報告しているが、OFPの効果については幾つかのただし書きがついている。

 

ただし書きの第1は、酸化剤混入ガソリンの排出テストで摂氏零下6.6度(華氏20度)以下で行われたものはほとんどなく、米国の多くの都市で冬期華氏20度以下に下がる日が多いことを考えると、実際のCO減少をEPAのテスト結果から判断するのには無理がある。さらに、別の大気実測では、OFP地区でCO値が上昇したり非OFP地区でCO値が下がったりと、OFPと関係ない結果を示している場合がある。

ただし書きの第2は、酸化剤を混入した燃料が他の汚染物質、特にNOxを増加する働きを持っているとの報告があることである。

 

ただし書きのうちで問題が一番大きいのは、MTBEを酸化剤として混入したガソリンの燃焼に基づく大気中のHAPsの増加、地中のガソリンタンクからのガソリンの漏れによる地下水の汚染である。

前者については、OFPの実施によりホルムアルデヒドが26%、ベンゼン及び1,3ブタジエンが8%増加したとする研究がある。後者については、MTBEが使われ始めた当初は地下水の汚染率も少なく、余り問題にならなかったが、ガソリンよりも水に溶けやすいMTBEが飲料水の取水源となる湖や地下水を汚染して、住民の健康に被害を及ぼしていることが次第に明らかになり、現在米国で大きな社会問題になっている。一度水に溶けたMTBEは、なかなか膜や活性炭では分離しにくいが、沸点が摂氏55.2度であるため、水を温めればMTBEは空気中に放散される(付録5)。

 

1970年代終りから、MTBEはガソリンのオクタン価を上げるために、プレミアムガソリンに少量使われ始めていた。1980年には、早くもニュージャージー州のある都市の水道水が、MTBEで96ppb (parts per billion)汚染されていることが報告されている。下って1996年、カリフォルニア州サンタモニカのある地区の井戸の70%がMTBEに汚染され、付近にガソリン漏れのある20のガソリンスタンドが在ることが判明し、その後49州でMTBEが検出され、使用中止となる公共取水源が続出した。EPAは、地中のガソリンタンク漏れに対する対策は早くから実施しており、1998年までに地下タンクの新替えやアップグレードを求めていたが、約20%、400,000のタンクがEPAの指示に従っていない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
368位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
28,525

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.ポーランド造船業の現状と展望
9.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
10.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
11.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
12.豪州の海洋レジャー産業の現状
13.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
14.米国における海賊対策等に関する調査報告書
15.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
16.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
17.中国造船業の概況
18.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
19.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
20.東南アジア造船関連レポート20
21.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
22.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から