日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

東南アジア・オセアニア地域海事事情調査

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


はじめに

 

東南アジア諸国では一般に、日本のような産業・業界ごとの詳細な統計は発表されていない。とくに、インドネシアでは、長期スハルト政権がアジア通貨危機に端を発した経済の混乱の中で倒れた後、今日でも政治、経済の不安定な状況が続いており、政府当局から業界の詳細データを入手することは非常に困難である。海運・造船産業においても同国政府ではデータの収集・整理には力をいれていないもようである。そのため、関連省庁に問い合わせても、昨今のインドネシア情勢を考慮すると、データを得られるとは考えにくく、また、インドネシア造船・海洋工業会(IPERINDO)などの業界団体でもこれまで全国レベルの調査や統計のとりまとめは行っていないもようである。

一方、シンガポールに隣接し、「成長の三角地帯」の一角として1990年代に急速に工業化がすすんだバタム島等では、外資系(主にシンガポール系)の造船各杜の進出もあり、造船業の発達がめざましい。従来、インドネシアでは、インドネシア民族資本の企業で、ジャワ島、スマトラ島に多いIPERINDOの会員企業が、ジャカルタ港など商業港に入港する船舶の修繕等を行い、マラッカ海峡を航行してシンガポールで修理を行うようなオイルタンカーなどの大型船舶をバタム島等の造船所が受け持つという棲み分けができていた。しかし、最近、バタム島等の造船所が、これまでIPERINDO会員各社が扱ってきた中型船舶修繕事業にも参入しはじめているもようである。IPERINDOでは、両者間の棲み分けの模索・検討が必要とし、その第一段階として、バタム島造船所群に対する評価・検討を実施した。その調査報告書を入手することができたため、その翻訳を添付する。バタム島造船書群に対する業界調査をインドネシアで実施するのは、今回が初めてのことで、貴重な資料であるといえる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,143位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
8,606

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.ポーランド造船業の現状と展望
9.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
10.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
11.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
12.豪州の海洋レジャー産業の現状
13.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
14.米国における海賊対策等に関する調査報告書
15.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
16.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
17.中国造船業の概況
18.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
19.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
20.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
21.東南アジア造船関連レポート20
22.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から