日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

東南アジア・オセアニア地域海事事情調査

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


第4章 インドネシア政府の政策ニーズと将来の動向

 

インドネシアの海事産業の抱える問題点は、1998年5月の政治的混乱が起こる以前から指摘されてきたが、前スハルト政権下では、効果のある対策は建てられていなかった。1999年11月、インドネシア政府は、海事産業の建て直しをはかるため、海事対策省(Ministry of Maritime Exploratoin)を設立した。インドネシア船主協会(INSA)のBarens Th Saragih事務局長はこの動きを歓迎し、「インドネシアの海運業界がかつてのように大きな市場シェアを奪回できれば、海運輸送で、年問40億ドルから50億ドルの売上をあげることができる」と語っている。同氏によると、2015年までに、インドネシアの海運輸送市場は200億米ドルに達すると予想されているという9。また、国有の海運企業PT Djakarta Lloydは、海事対策省の設立により、外国からの投資を海事産業に呼び込み、1995年以来資金不足で棚上げされているカルカジャヤ・プロジェクトの残り15隻の建造を完成させることができれば、と期待を寄せている10。海事対策相に就任したSarwono Kusumaatmadja氏は、国家海事カウンセルの組織力強化からまず手掛ける、としている11。海運業界の長年の悩みの種であった付加価値税についても1999年に廃止された。しかし、インドネシアの海運業界が所有する船舶の絶対数が不足しており、また中古船を購入するにも外貨不足で、海運業界の建て直しには時間を要する。

港湾の運営については、前述のように、民営化が始まっている。しかし、政府は、港湾使用料の設定は国会で決定するとし、運営会社に一任していない。さらに、港湾労働組合は、ジャカルタ国際コンテナターミナルの労働者の20%にあたる1,200人を2001年3月までにリストラするという計画に抗議し、ストライキを打ったほか、Grosbeakによるジャカルタ国際コンテナターミナルの購入は不適切であるとして、改革弁護機関(Institute of Reform Advocacy)を通じて2000年9月、ジャカルタ裁判所に提訴した。1999年には大幅な利益をあげたPELINDO IIも、バンタンのBojonegoro港プロジェクトに伴う土地の買収と、ジャカルタのTanjong Priok港のKoja Terminalの開発費用などによる負債1億6,000万ドル支払いが困難になっているという報道もある12。港湾改革の道のりはまだ長い。

一方、造船業界が抱える最大の問題としては、海運産業と同様、資金調達である。自社運行のための新造船を発注する資金力のない国内海運会社はもちろんのこと、たとえ外国海運会社から受注を受けることができたとしても、原材料の購入、人件費など、自社資金が乏しいと船舶の建造にとりかかるのは難しい。さらに、造船関連の裾野産業が未熟で、機械、部品などを海外から購入しなければならないことも価格や納期の面でネックになっている。特に通貨危機以降、こうした輸入部材のコストが上昇した上、インドネシアの銀行が発行するL/Cが通用しなくなり、部材の調達が困難になっている。

 

9 Lloyd's List International 1999年11月2日掲載

10 同上

11 同上

12 Lloyd's List International 2001年4月10日掲載

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,143位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
8,606

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.ポーランド造船業の現状と展望
9.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
10.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
11.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
12.豪州の海洋レジャー産業の現状
13.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
14.米国における海賊対策等に関する調査報告書
15.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
16.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
17.中国造船業の概況
18.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
19.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
20.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
21.東南アジア造船関連レポート20
22.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から