日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

東南アジア・オセアニア地域海事事情調査

 事業名 基盤整備
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


はじめに

 

フィリピンは7,000以上の島々から成る列島国であり、産業資材から日常品の輸送、人の移動にいたるまで海上交通に大きく依存している。しかし、フィリピンの内航海運は老朽化した船舶が使われていることが多く、安全性、信頼性、および輸送効率は他の海運国に比べて著しく劣っている。フィリピン政府は、日本からの円借款で、1995年から内航海運近代化計画を導入し、内航船の高度化をはかっているところである。

また、フィリピンの造船所の数はアジアで最も多いが、船舶修繕に従事しているところが多い。新造船も近年増えているが、外資造船所によるところが大きい。さらに船舶修繕分野でも、近年、中国との競争が激しくなっている。1999年は、新造実績、修繕実績とも、1998年に比べてトン数ベースでは増加しているが、鉄鋼や機械・部品といった資材が国内で調達できないこと、熟練エンジニアが少ない、などの問題を抱えており、これらがフィリピン造船業界の成長阻害要因となることが懸念されている。

なお、フィリピンでは政情不安が続いているが、政府が発表する統計データはかなり多く整えられている。東南アジア諸国としては、海事産業に係わる統計、データも整っている数少ない国であり、本稿をまとめるにあたっては、きわめて有用であった。しかし、データ年次としては、1999年のものが多く、2000年のデータはまだ発表されていない。本稿では、現在発表されている最新のデータを元に作成した。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,143位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
8,606

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.平成12年度 技術開発基金による研究開発報告書
2.The Northern Sea Route The Shortest sea route linking East Asia and Europe
3.欧州におけるショピング・ファイナンス調査
4.欧州船舶管理会社の調査-船舶管理の観点からの舶用機器メーカーの目指すべき方向の検討-
5.インドネシアにおける造船用資機材調達の現状及び将来に関する調査
6.米国造船業の集約化に関する調査
7.東南アジア造船関連レポート19
8.ポーランド造船業の現状と展望
9.欧州における舶用工業企業の合併・買収に係る調査
10.米国における軍事技術の舶用工業への転化の実態・調査報告書
11.米国海運業(貨物輸送)のM&Aに関する調査報告書
12.豪州の海洋レジャー産業の現状
13.ジョーンズ・アクトに関する調査報告書(米国の内航海運等保護制度)
14.米国における海賊対策等に関する調査報告書
15.新世代のRoPaxが欧州市場に及ぼす影響
16.欧州における主機関の動向調査?ディーゼルエンジン・ガスタービン
17.中国造船業の概況
18.アジア市場におけるアセアンフェリー導入支援調査
19.環境にやさしい船舶と舶用機械設計の実際に関する調査報告書
20.米国における舶用エンジンからの排ガス規制に関する実態調査
21.東南アジア造船関連レポート20
22.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
23.定期メンテナンスのお知らせパンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から