日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 地球科学.地学.地質学 > 成果物情報

MIRC活動要覧(2001年1月?2001年12月)

 事業名 海洋データ研究
 団体名 日本水路協会  
MIRC活動要覧(2001年1月〜2001年12月)images/b0346.jpg
(拡大画面: 29 KB)
目次
 
 はじめに
 
 MIRCの概要と2001年の活動
  1 海洋情報研究センター(MIRC)の概要
  2 2001年に実施したMIRCの事業(2001年1月〜12月)
 
 国際関連活動
  各国海洋データセンターとの連携の強化
  二酸化炭素関連・JGOFS等の国際会議
  その他国際機関総会・国際学会等
 
 普及啓蒙・海洋情報提供活動
  1 普及啓蒙講演会
  2 MIRCホームページ
  3 海洋情報提供事業
  海洋情報研究センターホームページ
  MIRC主要製品一覧
 
 MIRCデータプロダクト一覧
  地圏情報
  水圏情報
 
 2001年の歩み
 
 2001年研究実績(平成13年1月〜12月)
  出版物
  学術論文
  学会等研究発表・講演等
  解説記事
 
 付録
 
 高度の海洋情報・データ管理への新しい取組 -海洋情報研究センターの活動と狙い-
  1. はじめに
  2. MIRCの事業の沿革
  3. 水温・塩分等基礎的海洋物理学データの品質管理
  4. 水深データ
  5. 海流データ
  6. メタデータとそのデータ管理への応用
  7. 海洋データの収集とデータレスキュー
  8. データ利用の活性化とデータプロダクツ
  9. 国際関連事業
  10. 一般啓蒙活動
  11. MIRCの活動の基本的な姿勢-総括に代えて-
  参考文献
 
 海洋データの品質管理処理手法の研究開発 -MIRC Ocean Dataset2001の作成を例に-
  1. はじめに
  2. フォーマット変換
  3. 観測日付・位置チェック
  4. コールサインおよび調査機関コード変換
  5. 重複チェック
  6. 船速チェックと海陸チェック
  7. 観測値チェック
  8. 観測深度チェック
  9. 密度逆転チェック
  10. おわりに
  参考文献
 
 海洋化学系データの管理
  1. 背景
  2.IJCD(仮称)
  3. 国際的共有に向けた海洋化学系データの品質管理
 
 水深データとその管理
  1. はじめに
  2. 水深の測定方法とデータの信頼性
 
 Animation display of ocean bottom topography near Japan
  ABSTRACT
  1. Introduction
  2. The bottom topographic data used
  3. Walkthrough animation
  4. Bird's view animation
  5. Concluding Remarks
 
 コロラド大学による海面高度分布速報データの利用について
  Abstract
  1 はじめに
  2 コ口ラド大学が提供している衛星高度計による海面高度分布画像
  3 紀州沖・熊野灘沖・遠州灘沖での画像情報の特性
  4 おわりに
  謝辞
  和文要約
  引用文献



 
 
 
 





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,352位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
3,188

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.MIRC News Letter No.9
2.MIRC News Letter No.10
3.海のサイエンスと情報(?)?海洋情報シンポジウムから?
4.「平成13年度 海洋・船舶科学研究助成」助成対象者一覧表
  [ 同じカテゴリの成果物 ]



この成果物について語り合う


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から