日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船の科学館 もの知りシート

 事業名 海事科学知識の普及啓蒙活動
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


No.13/36
船がはこぶI
1. コンテナ船
 コンテナ船とは、1950年代の後半から登場した貨物船で、コンテナと呼ばれる鉄やアルミでできた金属製の箱に貨物を入れて運搬(うんぱん)する船のことです。コンテナ船の出現は近代海運史(かいうんし)における最大の革命ともいわれ、従来の荷役(にやく)方式を一新しました。コンテナ船が出現するまでの貨物の揚げ降ろし作業は、貨物ごとに異なった箱詰めや梱包のため荷役効率が悪く、多くの時間が必要でした。コンテナ船の場合は、各種の製品や材料、雑貨、食料品などの貨物を簡易な梱包のままで、簡単で安全にそして従来の貨物船に比べ約1/10の時間で荷役作業を行うことができるようになりました。さらに、コンテナにはそれぞれ番号がふってあるので中身や行き先を間違えることもありません。また、コンテナはどこの国に行っても同じ荷役装置が使えるように、その大きさが国際規格(長さが20フィートと40フィートの2種類があり、高さと幅は約8フィート)で統一されていますが、中に積み込む貨物の内容によってそのタイプにはいろいろな物があります。一般的に使われているのはドライコンテナと呼ばれる物で、一般雑貨の輸送に広く使われています、その他には、電源に接続する冷凍コンテナ、液体の貨物を入れるタンクコンテナ、天井の無いオープントッブコンテナ、側面と天井が無いフラットコンテナなどがあり、貨物の内容に合わせて使い分けられています。これらを組み合わせて象などの大きな動物を運んだりもします。コンテナの積み降しには、埠頭(ふとう)に設けられたガントリークレーンというコンテナ専用のクレーンを使います。これは1基でコンテナを毎時20〜30個扱うことができます。ガントリークレーンは横移動することができ、キリンのような首をコンテナの高さに合わせて水平に下ろしてコンテナの積み降ろしをします。今まで天候の影響などもあって1週間前後かかっていた作業日数が、8時間前後にまで短縮されています。
 
昔の荷役風景
 
ガントリークレーンとコンテナ船
 
2. オイルタンカー
 オイルタンカーは、原油を産出国から精製基地まで運ぶ船です。原油を1度に大量に積むと経済的なのでどんどん大型化が進みました。近年海難による原油の流出事故が続いたため船体構造については厳しいルールが設けられました。オイルタンカーや、その他の可燃物を運ぶ最近の船のブリッジは後部に設けられています。これは、船体が大きいので機関部とプロペラの距離を短くしたり、居住区やエンジンコントロールルーム、ブリッジを一つにまとめ電気や水道のラインを縮小し無駄を省いた造りであるとともに、原油の入ったタンクと機関部の間に清水タンクや汚水タンクを設けることにより、安全性を高めるものです。また、居住区出入口のドアの横には体内にたまった静電気を取る金属板があったり、底に金具を打った靴で歩くのも禁止になっていたりと火災を防ぐ心配りがされています。大型オイルタンカーの内部は、船体動揺による原油の移動が起こらないよう、隔壁(かくへき)で縦横に仕切られています。タンクを分けることで、万が一海難事故にあったときに流れ出る油の量を少しでも少なくするためでもあります。近年の原油流出事故をふまえ、タンカーの原油流出防止のため考案された船体構造の一つがミッドデッキタンカーで、これは石油の積まれたタンクを上下に分けて下のタンクから甲板(こうはん)まで空気穴が通っていて、2つのうち下のタンクが喫水線(きっすいせん)よりも下にあるのでタンク内の油の圧力は周りの海よりも低くなっているため、もし船底に穴が開いても下のタンクに流れ込もうとする海水の圧力の方が海に流出しようとする油の圧力よりも高いので油は空気パイプをあがり圧力が均衡するので、船外への油の流出が防止される仕組みです。もう一つはダブル・ハルタンカーです。国際海事機関(International Maritime Organization:IMO)では1989年(平成元)の“エクソン・ヴァルディーズ”事件(アラスカ湾で“エクソン・ヴァルディーズ”が座礁。この事故で35,000トンの原油が流出。アザラシやラッコ、海鳥などに被害。)をきっかけに、原油流出事故を防ぐため、1993年(平成5)夏以降に建造される5,000トン以上のオイルタンカー全てにダブル・ハル構造が日本を含む133ヶ国に義務づけました。しかし、荒天時航海での船の事故や沈没、事故での原油流出による海洋汚染や生物への被害は跡を絶ちません。
 
ダブルハルの場合 シングルハルの場合
 
横断面積構造の比較
ダブルハルタンカー ミッドデッキタンカー
 
ミッドデッキタンカーのしくみ
 
3. LNGタンカー
 最近、電力用や都市ガス用などの分野でクリーンエネルギーとして注目されているものの中にLNG(液化天然ガス)があります。メタンを主な成分とする天然ガスで、−162℃で液化しその状態で運ばれるきわめて低温の貨物です。LNGタンカーはこのLNGを専門に輪送する船で、アルミ合金・ニッケル鋼・ステンレス鋼など低温に強い素材をふんだんに使い、防熱対策も十分に施されたタンクが設けられています。その中に冷却されたLNGが積まれるのですが、このタンクは魔法瓶のようになっていて外の熱が入らないよう二重の防壁にかこまれています。LNGタンカーはタンクの形状によってタイプ分けされますが、代表的なのがモス独立型球形タンク方式と呼ばれるもので、球の形をしたタンクの半分が甲板上に飛び出しており一目でわかります。しかし、防熱のための工夫をしても、LNGは長い航海中の温度上昇によって、全体から見れば少しですが気化してしまいます。こうした気化したガスのことをボイルオフガスといい、可燃性のこのガスを大気中に放出するのはもったいないし、再液化はコストにあわないということで考えられたのが、これを燃料として使う方法です。このためLNGタンカーのエンジンはタービンエンジンとなっており、ボイルオフガスと燃料油の両方をボイラーで混焼(こんしょう)できるよう設計されています。大きさは最大積載量が125,000立方メートル(約70,000重量トン)のものが標準タイプと、オイルタンカーに比べると船型は小柄です。因みに(ちなみに)この大きさのタンカー一隻が一度に運ぶ天然ガスの量は、約1,000,000戸の家庭が使用するガスの一ヶ月分に相当します。
 
LNGタンク(モス型)のしくみ
 







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
71位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
162,501

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.講演会の開催 「平成14年度海事講演会海船セミナー2002」講演録
2.海洋教室体験学習ハンドブック
3.東京湾シップウォッチングパスポート
4.船の科学館 資料ガイド3 南極観測船 宗谷
5.船の科学館 リーフレット
6.海事科学知識の普及啓蒙活動 写真
7.音声ガイドの使い方
8.船の科学館 音声ガイド 原稿
9.船の科学館 音声ガイド 原稿
10.船の科学館 音声ガイド 写真
11.音声ガイドシステム利用に係るアンケート調査報告書
12.マリンシアターの機器整備報告書
13.Q&Aシアターの機器整備報告書
14.シー&シップワールド及び青函ワールドの機器等の整備報告書・整備記念写真
15.操船シミュレーションの機器整備報告書
16.船長ロボットの機器整備点検報告書
17.「宗谷保存整備検討専門委員会」議事録
18.“宗谷”南極コーナー展示室エアコンの交換整備報告書
19.「ワールド シー ワールド 春・夏」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から