日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

文化資源の広域的活用に関する研究

 事業名 文化資源の広域的活用に関する研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


2 文化資源の賦存状況
 
(1)概況
 
 対象地域の文化資源賦存状況について、主要な観光資源及び指定文化財の分布状況からみてみると、第一に歴史資源の豊富さが特徴として挙げられる。
 観光資源評価の視点からみると、A級(国のスケールでの誘客力をもつ)資源はないが、B級(地方スケールでの誘客力をもつ)資源の分布が認められる。自然系資源としては、筑波山がある。人文系資源としては、西念寺、筑波山神社、楽法寺、笠間稲荷神社、日動美術館がみられ、県内でも歴史資源(特に社寺)の集積が多い地域であることがわかる。
 国・県指定文化財の分布状況をみても、仏像、歴史的建造物等、歴史資源の豊富さが目立つ。
 
図表2−9 茨城県の代表的な観光資源
(拡大画面:62KB)
 
図表2−10 対象地域の国・県指定文化財の分布状況
(拡大画面:80KB)
資料:対象市町村資料(総合計画および指定文化財)より作成







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,101位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
8,988

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.下水道事業経営講習会資料 下水道経営ハンドブック
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から