日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

文化資源の広域的活用に関する研究

 事業名 文化資源の広域的活用に関する研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


(6)新常陸国風土記夢追郷「未来への夢つむぎ」人育てプロジェクト
 
○主旨
 未来に向けての地域及び地域文化の担い手の育成、文化資源の創造的継承システムのベースをつくる。
 この地では、常に「人」が主役であり、広域的な地域文化づくりの狙いもここにある。個々人を大切にする地域づくりのモデルをつくっていく。
 
○内容
・「新風土記語り部」集団の形成と地域文化育成・後継者育成への貢献
・地域教育の推進→(1)、(2)と連動
・新風土記地域学習ネットの形成(全学校をネットワークする共同教材づくり)
・地域教科書づくり(小中学校副読本、大人のための副読本等)
・語り部集団とタイアップした文化の伝承、後継者の育成
・新文化創造関連事業の推進
・各種文化振興関連の助成事業への応募及び応募支援
・県アーカスプロジェクトへの参加・協力
・「新風土記夢追郷」バーチャル住民の募集(ホームページやメーリングリストで地域の観光情報を提供、地場産品通販。将来的には少額の「税金」を払って文化資源保護基金等にあて、宿泊・飲食割引などの優待制度など検討)
 
○推進体制の考え方
・住民、学校、行政の協働体制での取り組み(民間研究者、企業等の知識・知恵・技術を投入)
 
○期待される効果
 
・内発効果:地域の担い手育成、地域文化の継承システム形成
・交流効果:この地域を愛する他地域住民の参加もあおぎ、交流型の地域経営を実現
 
*ポイント
県やつくば都市圏、水戸都市圏との共同
国民文化祭への準備など、具体的な目標を設定した地域文化推進体制づくり
*先行事例
心の東京革命(茨城県も子どもの育成や学校教育に力を入れているように、東京都は知事肝いりで人育て宣言)
インターネットによる草津温泉ニュースメールの配信(草津町観光協会)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,101位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
8,988

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.下水道事業経営講習会資料 下水道経営ハンドブック
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から