日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

1級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


3)シリンダヘッド(カバー)
 シリンダヘッドは機関の頭部に位置し、吸排気ポート、吸排気弁、燃料噴射ノズルまたは副燃焼室を内蔵する複雑な構造の部品である。シリンダヘッドの下面は爆発力を直接受けると同時に冷却水側、燃焼室側との温度差による熱応力を受ける。このため燃焼面の弁間部や弁と副燃焼室口金との間に熱疲労による亀裂が発生し易い。この対策として冷却水通路、ヘッドの厚さ、弁間距離など構造的な対策と同時に使用材料を鋳鉄から鋳鋼やニッケル、モリブテンを含む、特殊合金鋳鉄が出力率の高い機関に使用されてきている。
 シリンダヘッドとシリンダとの接合面からのガスもれも最高圧力の上昇とともに生じ易く、ヘッド自体の剛性と耐久性のあるパッキン材料の使用が配慮されている。
 したがって、機関の分解時には、特にこれらの点に留意して点検することが必要である。
(1)点検および整備
 3・3表シリンダヘッドの点検、整備による。
 
3・3表(A) シリンダヘッドの点検、整備(1)
(拡大画面:77KB)
 
3・3表(B) シリンダヘッドの点検、整備(2)
点検計測内容 整備内容
(12)弁ばねの損傷、変形を点検 損傷変形のあるものは交換
(13)弁ばねの自由長計測 使用限度以上は交換
(14)ばね受と止め金の当りおよび摩耗点検 当り不良、摩耗はなはだしいものは交換
(15)Oリング、パッキン類の損傷、当り不良を点検 傷、損傷のあるものは交換
(16)弁腕軸と軸受のスキマ計測および軸受(ブッシュ)の固定具合点検 スキマの限度以上のもの、ブッシュの動くものは交換
 
(2)吸排気弁シートの修理要領
 シートグラインダを使用して、シート部を修理する場合は次の要領で行う。
(1)シートグラインダでシート面の荒れを修理する。(3・4図参照)
 
吸気弁シート修理砥石
排気弁シート修理砥石
角度30°又は45°
 シート角度に合わせて選択
 
(2)弁シートの幅が拡大するのでシート面を角度70°のグラインダで研削し、つぎに角度15°のグラインダでシート面幅を基準寸法に仕上げる。
 修理を要するものは必ず弁と弁案内の嵌合スキマを計測し、使用限度寸法を超えるものは、弁、または弁案内を交換後、弁シート部の修理を行なうこと。(3・5図、3・6図を参照)
(3)バルブコンパウンドをオイルで練り、弁摺合わせを行う。
(4)最終にオイルのみで摺合わせ仕上げる。
(5)弁シート修理後、弁およびシリンダヘッドを軽油等で入念に洗浄して、バルブコンパウンドまたは砥石粉が残らないようにする。
 
3・4図 弁シートの修正要領
 
 
3・5図 弁ステムの外径計測
 
 
3・6図 弁案内内径計測
 
(3)シリンダヘッドボルト締付け要領
 ヘッドボルトなど数本のボルトが使用されている部品を締付ける際には、各ボルトに平均した締付力を与える必要がある。このため締付け順序が、メーカによって指示されているが、ヘッドの場合、対角線状に中央から外側に向かって徐々に締付けることが重要である。この締付け順序の一例を3・7図に示す。
 
3・7図 シリンダヘッド締付け順序
a)4シリンダ1体形シリンダヘッド
 
b)独立形シリンダヘッド







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
573,599

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士指導書
5.3級舶用機関整備士指導書
6.3S級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から