日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

東南アジア造船関連レポート21

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


【2】貨物ターミナルの概要
 シンガポール港におけるバルク・オイルを除く殆どの海上貨物は、97年10月に民営化されたPSAコーポレーション(PSA Corporation Ltd;シンガポール港湾公社)が運営する5つのターミナル、及びJTC(Jurong Town Corporation;ジュロン開発公社)が運営するジュロン・ポートの合計6つのターミナルで取り扱われている。また、バルク・オイルは石油関連事業者の運営する各ターミナルで取り扱われている。シンガポール港全体の管理は、MPA(Maritime and Port Authority of Singapore;シンガポール海事港湾庁)が行っている。
 
 タンジョン・パガー、ケッペル、ブラニ及びパシール・パンジャン(新ターミナル)がコンテナ・ターミナルであり、パシール・パンジャン・ワーブズ、センンバワン・ワーブズ、及びジュロン・ポートが非コンテナ貨物ターミナルである。
 
 シンガポールはコンテナ取扱い施設を建設した東南アジアで最初の国であり、PSA(1964年設立)が1972年にイースト・ラグーン・コンテナ・ターミナル(現在のタンジョン・パガー)の供用を開始した。ブラニ・ターミナルは、1991年に第1バースが供用開始された。現在、タンジョン・パガー、ケッペル、ブラニの3つのコンテナ・ターミナルには、計31のコンテナ・バースがあり、総延長8,200メートル、95の岸壁クレーンが稼動している。
 
 さらに、将来のコンテナ需要に応えるために1993年8月からパシール・パンジャンで埋め立て工事が始まっており、タンジョン・パガー、ケッペル、ブラニを合わせた能力(1,620万TEU)に匹敵する1,800万TEUの取扱い能力を有する新たなコンテナ・ターミナルの建設が進められている。第1期及び第2期工事により、26のコンテナ・バースが建設される計画であるが、工事は計画どおり進捗しており、第1期工事のうち先ず98年10月に新鋭の荷役機械を備えた4バースが稼動し、99年にはさらに2バースが完成し供用された。この新しい最先端を目指したコンテナ・ターミナルは極力、自動化・効率運転ができるように計画されており、世界初のリモート制御のブリッジ・クレーンの導入などにより年間75万TEU/バースの取扱量が可能となり、既存のバースと比較して約25%の能力アップが図られている。
 
 このコンテナ・ターミナルの建設計画は、30年のスパンで4期に分けて開発され、最終的には49のコンテナ・バースで年間3,600万TEUを取り扱うことができるようになる。
 また、これらのターミナルに隣接したフリー・トレード・ゾーン内には、1994年に供用開始した最新の貨物集配センターであるケッペル・ディストリパーク(11万3000平方メートル)が設置されているのをはじめ、合わせて46万2000平方メートルに及ぶPSAコーポレーションのディストリパークがターミナルから車で15分以内の距離に設置されている。
 
<各コンテナ・ターミナルの概要>
  タンジョン・パガー ケッペル ブラニ パシール・パンジャン
面積 80ha 96ha 79ha 84ha
喫水 11.0〜14.8m 9.6〜14.6m 12.0〜15.0m 15.0m
バース数 6 4 5 6
メインフィーダー 2 10 4
岸壁クレーン 29 36 29 24
ヤードクレーン 95 119 112 ブリッジクレーン 44 軌道クレーン 15
グランド・スロット数 15,940 20,230 15,424 14,020
リーファー数 840 936 1,344 648
 
 非コンテナ貨物ターミナルのうちPSAコーポレーションが運営するパシール・パンジャン・ワーブズ及びセンンバワン・ワーブズは、紙・パルプ製品、自動車(311,344台、2000年)、鉄鋼(1,035,885トン、2000年)などをはじめ、特殊貨物を取り扱っている多目的ターミナルである。両ワーブズの概要は、合わせて、面積が59.3ha、メイン・バース数が9、コースタル・バース数が9、喫水が6.7〜11.4メートル、倉庫延べ面積が19万7,000平方メートルとなっている。
 
【コンテナ・ターミナルの港湾計画】
(拡大画面:68KB)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
394位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
26,501

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2002
2.米国テロ事件後の海事セキュリティ対策の動向
3.中国造船業の概況<2001年>
4.米国における船舶のバリアフリー化推進に関する調査
5.米国のエネルギー政策が海事産業に与える影響に関する調査
6.米国における船舶のクリーン推進システム開発プロジェクトに関する調査
7.米国における造船関係研究開発助成制度の実施状況と成果活用等に関する調査
8.英国における統合的海洋管理政策に関する基礎調査
9.WTO加盟後の中国造船・舶用工業に関する調査
10.中東地域造船需要動向調査
11.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査?実現に向けて?
12.船舶解撤の新たな進展と今後の展望
13.中国の造船・舶用工業政策に関する調査
14.海運・造船における電子商取引の現状と展望
15.中国造船業の概況(華北)
16.欧州における船舶からの排出ガス削減対策に関する動向調査
17.2002年度欧州造船政策動向調査
18.東南アジア造船関連レポート22
19.東南アジア・オセアニア地域における旅客船参入手法に関する調査
20.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から