日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

東南アジア造船関連レポート21

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


【3】港湾情報システムの概要
 シンガポール港では、ハード面の港湾設備の整備と共に、各種港湾情報システムを導入し、通関手続きのぺ一パーレス化を図るなどソフト面やサービス面からも港湾業務の効率化を図ってきている。
 主な港湾情報システムの概要は、以下のとおりである。
 
(1)PORTNET
 1989年に導入されたPSA独自のシステムで、海事関係者(船会社・代理店、運送業者、海貨業者、荷主等)を対象に、バースの手配、港湾関連申請書類等の提出、荷役関連情報の確認(出入港スケジュール、コンテナ貨物の搬出入、蔵置き、船積み情報等)等コンテナ・ターミナル運営に必要な情報交換・手続きを24時間リアルタイムで可能とする。政府のEDIシステムによる貿易ネットワークであるTRADENETとの接続により、貿易関連政府機関等への通関申請手続きも容易に行える。
 
 さらに、PSAコーポレーションはインターネットによるPORTNET−TMを開発し、1999年に全面供与した。これによって、既にパイロット・タグサービスの申込みができるようになっていた他、利用者が海外のオフィスに居ながらにして請求書等のやりとりや、下記(2)のCITOSとリンクして例えばPSAヤードにある冷凍コンテナの温度監視等も可能となった。
 
【TRADENET】
 貿易業者、税関、TDB(貿易開発庁)等を結ぶ通関システムで、航空貨物、港湾貨物及び陸送貨物のすべての貿易手続き(輸出入貨物の通関書類の申請、審査、認可等)のペーパーレス化を可能とする。本システムの導入により、通常1〜4日要した一般的な貿易手続き書類の処理時問が15分に短縮された。
 
(2)CITOS(Computer Integrated Terminal Operations System)
 ヤード内での効率的なコンテナ取扱い作業の計画・指示を行うPSA独自のシステムで、1990年に導入された。必要とするバース、ヤード、設備、マンパワーを計画し、ヤードの中央制御室より現場の機器類のオペレーターにリアルタイムで作業指示を行う。さらに、PSAは外国のコンテナ・ターミナル向けにCITOSのシステムをパッケージにしたCITOS−1を1997年に開発し、中国大連コンテナ・ターミナルで最初に導入されている。
 
(3)その他の港湾情報システム
“FLOW−THROUGH”CONTAINER GATE SYSTEM
 コンテナ運搬車がPSAターミナルのゲートを通過する際、TVカメラ、トランスポンダーやコンテナ番号自動識別装置等により、ペーパーレスで瞬時(約25秒)に通過することができるシステム。コンテナの積み下ろし位置も自動的にドライバーに通知される。1日に約8000台、ピーク時には1時間に約700台を取り扱うことができる。
 
【4】海外におけるターミナル共同開発プロジェクト
 PSAコーポレーションは、世界のハブ港を目指し、顧客のニーズに応えるべくサービス網を拡大するため、シンガポール港の運営等で培ってきた経験とノウハウを世界の港湾の開発・管理・運営に活用することにも力を入れており、1996年に中国・大連港のコンテナ・ターミナルの開発プロジェクトに参画したのを皮切りに、既に世界の10の港でターミナルの共同開発プロジェクトを展開している。2000年にはブルネイ、韓国の3つの港でプロジェクトが大きく前進した。また、北九州ひびき灘でも実現に向けた動きがある。これらのターミナルで2000年は、172万TEUのコンテナを取り扱った。
 
<PSAコーポレーションの海外展開プロジェクト>
国名 港・ターミナル コンテナバース数 ターミナル容量 コンテナ取扱量(2000年)
中国  大連コンテナ・ターミナル 4 150万TEU 979,300TEU(対前年比41%増)
福州港 3 34万TEU 328,000TEU(対前年比36%増)
イタリア  ボルトリ・ターミナル 4 87万TEU 743,900TEU(対前年比50%増)
ベニス・コンテナ・ターミナル 3 30万TEU 208,500TEU(対前年比8%増)
インド  ツチコリン・コンテナ・ターミナル 2 20万TEU 150,800TEU(99年12月供用開始)
ピパバフ港 1 20万TEU (99年第1期供用開始)
イエメン アデン・コンテナ・ターミナル 2 50万TEU 247,900TEU(99年3月供用開始)
ブルネイ ムアラ・コンテナ・ターミナル 1 6.1万TEU (2000年10月運用契約締結)
ポルトガル シネス・コンテナ・ターミナル 3(計画) 140万TEU(計画) (99年9月プロジェクト開始)
韓国 仁川南港コンテナ・ターミナル 3   (2000年11月ジョイントベンチャ合意)
日本 北九州ひびき灘 12(計画) 150万TEU(計画)  
 
【5】旅客ターミナルの概要
 PSAコーポレーションが運営するシンガポール・クルーズ・センター(SCC)は、1991年にオープンした初の旅客専用ターミナルで、ワールド・トレード・センターのサイトにあり、3バースを有する国際旅客ターミナル、近海フェリーターミナル(近くのインドネシアの島々及びマレーシア航路)、及び国内フェリーターミナル(シンガポールの南の島々への航路)から成る。さらに、1995年には、近海フェリーターミナル(インドネシアのバタム島・ビンタン島及びマレーシア半島東岸への航路)として、2バースを有するタナメラ・フェリーターミナルがオープンした。これらの他に、パシール・パンジャン・フェリーターミナル、ウェストコースト・フェリーターミナル等がある。
 SCC国際旅客ターミナルの旅客数は、オープン当初の1991年に13万人であったものが、1998年は105万人となり、SCCでは1998年12月、1日当り3,000人、年間150万人の旅客を扱えるように施設を増強し、270メートル級の大型クルーズ船の受入れが可能となった。2000年のSCCの寄港隻数は対前年比12.6%減の1,213隻であった。
 
<国際・国内旅客ターミナルの旅客数>
(単位;100万人)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
394位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
26,501

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2002
2.米国テロ事件後の海事セキュリティ対策の動向
3.中国造船業の概況<2001年>
4.米国における船舶のバリアフリー化推進に関する調査
5.米国のエネルギー政策が海事産業に与える影響に関する調査
6.米国における船舶のクリーン推進システム開発プロジェクトに関する調査
7.米国における造船関係研究開発助成制度の実施状況と成果活用等に関する調査
8.英国における統合的海洋管理政策に関する基礎調査
9.WTO加盟後の中国造船・舶用工業に関する調査
10.中東地域造船需要動向調査
11.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査?実現に向けて?
12.船舶解撤の新たな進展と今後の展望
13.中国の造船・舶用工業政策に関する調査
14.海運・造船における電子商取引の現状と展望
15.中国造船業の概況(華北)
16.欧州における船舶からの排出ガス削減対策に関する動向調査
17.2002年度欧州造船政策動向調査
18.東南アジア造船関連レポート22
19.東南アジア・オセアニア地域における旅客船参入手法に関する調査
20.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から