日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

東南アジア造船関連レポート21

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


(3)ベトナムの造船
【1】概要
 ベトナムの造船業は2つの官庁、すなわち国防省と水産省の監督下にあり、ベトナム国内の造船所の総数は表13に示す通り、約60に達している。うち、最大級の造船所は、その大半がベトナム造船産業公社(ヴィナシン)の傘下にあり、ベトナム造船業全体の能力の70%のシェアを占めている。
 ベトナム造船産業公社(ヴィナシン)は経済的に強力な造船産業グループで、ベトナム政府に属する特別持株会社の目標モデルとして再編された。ヴィナシンは約14,200名の従業員を雇用し、16造船所と外国との合弁企業4社を含む子会社33社を傘下に収め、ドイツ、イラク、ロシア、オーストラリアの5カ国に駐在員事務所を設置している。40年の経験を積み重ねたヴィナシジは、内外の顧客から信頼できる造船会社として定評を得ている。
 ヴィナシン傘下のBach Dang造船所をはじめ多くの造船所がハイフォンに集中しており、ベトナム国内の造船・修繕能力の70%がハイフォンにある造船所からのものとなっている。
 
表13 ベトナム国内の新造船・修繕船ヤード
(単位:DWT)
番号 ヤード名 所在地 新造能力 修繕能力
1 An Phu Shipbuilding Co ホーチミン市 1,500 1,500
2 Ba Son Shipyard ホーチミン市 1,000 15,000
3 Binh Chanh Ship-Repairing Service ホーチミン市 1,000
4 CARIC Enterprise ホーチミン市 300 600
5 Constructional Engineering Works ホーチミン市 1,000 1,000
6 Dong Tien Shipyard ホーチミン市 400 650
7 Dong Tam Mechanical Factory ホーチミン市 250 400
8 Hiep Thanh Enterprise ホーチミン市 400 300
9 Hoang Linh Ship-Repairing Yard ホーチミン市 300 300
10 Mechanical Communication Enterprise Dist.4 ホーチミン市 600 600
11 Shipyard No.CK76* ホーチミン市 600 10,000
12 Nha Be Shipyard ホーチミン市 300 400
13 Rang Dong Yard ホーチミン市 250 250
14 Sai Gon Ship-Building Co* ホーチミン市 1,000 4,000
15 Sai Gon Shipyard ホーチミン市 200 200
16 SHIPLACOM* ホーチミン市 10,000
17 Thanh Da Shipyard Co ホーチミン市 800 2,000
18 Thong Nhat Cooperative ホーチミン市 400 600
19 Thong Nhat-Nha Be Mechanical Factory ホーチミン市 通常船舶400
(バージ800)
20 Bach Dang Shipyard* ハイフォン 12,000 10,000
21 Ben Kien Shipyard* ハイフォン 2,500 600
22 Song Cam Shipyard* ハイフォン 1,000 3,000
23 Fishing Ship-Repairing & Building Enterprise ハイフォン 400 200
24 Hai Phong Shipyard ハイフォン 12,000 6,000
25 Ha Long Engineering Factory ハイフォン 400 600
26 Ha Long FISCOM ハイフォン 200 400
27 Nam Trieu Shipyard* ハイフォン 500 5,000
28 Ship-Repairing Service Enterprise No.1 ハイフォン 400 600
29 Pha Rung Shipyard* ハイフォン 4,000 16,000
30 Technical & Professional College of Transport No.2 ハイフォン 500 300
31 Tam Bac Shipyard* ハイフォン 3,000 300
32 Ben Thuy Shipbuilding Factory ゲティン 1,000 750
33 Nghe Tinh Repairing Works ゲティン 100
250
400
600
34 Fish Mechanic Co ダナン  
35 Hoa Sen Shipyard ダナン 30 30
36 SEATECCO ダナン 120 300
37 Song Han Shipyard* ダナン 600 600
38 Song Thu Co ダナン 400 2,000
39 Ha Long Shipbuilding Enterprise クァンニン 1,000 1,000
40 Ha Long Shipyard* クァンニン 12,000 3,500
41 Khanh Hoa Shipbuilding & Repairing Works* ニャチャン 600 600
42 Ha Noi Shipyard ハノイ 1,000 200
43 Nhat Thanh Shipyard タイビン 100
44 The Enterprise of Salvage & Ship Repair ブンタウ
45 Vung Tau Shipyard ブンタウ
46 Ship-Repairing Enterprise No.81 ハンフォン 海軍修繕基地
47 Works No.69 ハンフォン 海軍修繕基地
48 Works No.173 ハンフォン 海軍修繕基地
49 X−46 Shipyard ハンフォン 海軍修繕基地
50 X−48 Shipyard ハンフォン 海軍修繕基地
51 X−50 Shipyard ダナン 500 4,500
52 X−51 Shipyard ホーチミン 1,000 1,100
53 X−500 Shipyard ハンフォン 修繕基地
54 Nam Ha Shipyard* ナムハ 600 600
55 Song Dao-Nam Ha Shipyard ナムハ 600 300
56 Song Lo Shipyard* ビンフー 600 400
57 Mechanical Enterprise No.721* カントー 500 500
58 Shipbuilding & Repairing Enterprise No.627 キエンギアン 400 400
59 189 Enterprise ハイフォン 500 400
60 Hyundai - Vinaashin Joint Venture Co* カンホア 1,000 400,000
(出所) 第25回アジア太平洋造船専門家会議資料より。
(註) *印を付した造船所はヴィナシンに属する。
 
【2】最近のヴィナシンの事業活動
 近年、ヴィナシンは高率の成長を遂げ、1997年の総建造能力は対前年比19.5%増、98年は同じく51.7%増、99年は24.0%増、2000年は32.8%増となり、この時期の平均年間成長率は30.0%に及んでいる。1996〜2000年に開発計画で設定された目標である(1)15,000DWT型までの船舶の修繕、(2)10,000DWT型までの船舶の新造、(3)漁船、海洋調査艇等の建造、(4)巡視艇、軍用艇の建造、(5)造船用資機材の一部製造と設置はほぼ達成されたこととなる。その間、ヴィナシンは383隻の船舶を建造し、1,264隻の船舶を修繕した。
主な実績を以下に列記する。
・6,500DWT型と11,500DWT型貨物船
・3,500DWT型タンカー
・1,300〜1,400HP級タグ
・30ノット級アルミ製高速巡視艇
・28ノット級アルミ製高速客船
・輸出向け調査船
・巡視艇
・近海漁船(出力600HP以下)
・引上げ能力8,500トンの浮ドック
・1,200m3型LPDバージ
・1,200〜2,500m3型LPG船
・V61型高速水先案内艇
・沿岸警備隊向けV56型高速巡視艇
・税関向けV59型高速艇
・K99型100人乗り高速客船
・500T-3,800T型貨物船
・510HP及び3,200HP級タグ
・1,000〜1,500m3/h級吸水式浚渫船
・海洋調査艇
・各種自航バージ
・80,000T及び400,000T型ドック用扉
 
 1999年1月には、ヴィナシンは韓国の現代重工業とヴィナシンの合弁造船所のVLCC建造ドック用にゲート2基を建造、引き渡した。これにより同造船所は400,000DWT型までの船舶修理を実施できるようになった。さらに売上げを伸ばすために、造船以外の部門、すなわち港湾建設、土木・建設プロジェクト向けの鉄鋼構造物の製作、外資との資本提携によるプロジェクト向けにも受注を図っている。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
394位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
26,501

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2002
2.米国テロ事件後の海事セキュリティ対策の動向
3.中国造船業の概況<2001年>
4.米国における船舶のバリアフリー化推進に関する調査
5.米国のエネルギー政策が海事産業に与える影響に関する調査
6.米国における船舶のクリーン推進システム開発プロジェクトに関する調査
7.米国における造船関係研究開発助成制度の実施状況と成果活用等に関する調査
8.英国における統合的海洋管理政策に関する基礎調査
9.WTO加盟後の中国造船・舶用工業に関する調査
10.中東地域造船需要動向調査
11.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査?実現に向けて?
12.船舶解撤の新たな進展と今後の展望
13.中国の造船・舶用工業政策に関する調査
14.海運・造船における電子商取引の現状と展望
15.中国造船業の概況(華北)
16.欧州における船舶からの排出ガス削減対策に関する動向調査
17.2002年度欧州造船政策動向調査
18.東南アジア造船関連レポート22
19.東南アジア・オセアニア地域における旅客船参入手法に関する調査
20.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から