日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

中国造船業の概況<2001年>

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


1 2001年の中国の新造船
1.1 2001年の中国の新造船
・2001年は、受注量・竣工量・手持工事量ともに大きく増加した(下表参照)。大規模造船所は、建造量を伸ばしたが、受注は、2001年9月以降低迷している。
・1万DWTクラスの船を造る中小型造船所は非常に不況であった。理由は、国際競争力がないこと、地方の造船所も急速に発展し、競争相手が多くなったため等である。
・漁船建造の造船所も新たな漁業協定に伴う休漁期間の設定等により漁船需要は落ち込んだ。
(1)受注量
・中国造船工業行業協会によると、2001年の新造船受注量は、585万総合トンで、前年比11.9%の増加。2000年は525万総合トン。中国船舶工業集団(CSSC)が9月11日の直前に欧州船主と88万DWTの契約をしたのは幸運。526万総合トンは、1月から9月までの受注で、9月11日の同時テロ以降の受注は、59万総合トンのみである。
・船種では5,618TEUコンテナ船、VLCC、LPG船、ケミカルタンカー、FPSO RO/RO等の高付加価値船が注目される。
(2)竣工量
 2002年の中国の竣工量は390万総合トンで、前年比12.7%増。2000年の建造量は345万総合トン。内訳は中国船舶工業集団公司(CSSC)が205万総合トン、中国船舶重工業公司(CSIC)が93万総合トン、その他の造船所が約92万総合トンであり2大国有企業集団で全体の76%を占める。
(3)手持工事量
 手持工事量は、1,250万総合トンで、前年比18.9%の増加となっている。大手造船所は、数年分の手持工事量を確保した。
(4)輸出総額
 輸出総額は、19.3億ドルとなり、前年より18%増加した。
 
表 2001年の中国造船業の概況 (単位:万総合トン)
  2001年 2000年
受注 総計 585 525
CSSC 200 199
CSIC 139 144
その他 246 182
竣工 総計 390 345
CSSC 205 143
CSIC 93 87
その他 92 115
手持工事量 総計 1250 1050
CSSC 380 385
CSIC 390 346
その他 480 320
輸出額   19.3億ドル 16.3億ドル
注1: 中国船舶報等をもとにJETRO上海舶用機械部で作成
2: 手持工事量は各年末
3: 総合トンとは、貨物船はDWT、客船などは、GTをDWTに換算したもの
 
中国の主要造船所
(拡大画面:79KB)
 
1.2 中国船舶工業集団公司(CSSC)
2.1 CSSCの2001年の業績
 2001年のCSSCの業績は、下記の表のとおりである。
2.2 CSSCの2002年の事業計画
 第10次5ケ年計画の「2005年の建造量を2000年の建造量150万総合トンの倍とする」という目標に向け、努力する。2002年は、建造能力の倍増、機関製造能力の33%アップを図り、2005年に世界5大造船企業、2010年に世界3大造船企業の一つとなるための基礎をつくる。
(1)建造設備等
・新しい造船所、新しい人、新しい造船モデルである外高橋造船有限公司のケープサイズバルクの建造を充分な準備のもとに進める。
・外高橋造船有限公司第1期工事の基本建設の完成、滬東中華造船集団の大型ドック・主要施設の完成、江南1号ドック、上海船廠崇明島の10万DWT級浮ドック及びパナマックス型船台等重点工事を計画どおり完成させる。
・上海地区の造船所の発展計画と配置について、調整する。
・「広船国際」の資源を最大限活用して、広州地区3造船所の組織改革を進める。
(2)集中購買等
・「主要舶用設備の集中購買」「生産・経営の集中」「船型開発の集中」の3つの集中の促進。
・市場開拓を進める。海外では、アジア・欧州市場に加え、ロシアの商船市場を開拓するとともに、中国遠洋運輸集団公司(COSCO)・中国海運総公司・中国外運総公司(SINOTRANS)・中国海洋石油総公司(CNOOC)等、国内船主からの受注に務める。
(3)従業員数等
・2002年は、集団公司の全従業員の5%を削減する。
2002年の見通し
・9月11日以降、受注は悪い。現在は2003年までの手持はあるが、2004年は決まっていないところが多い。2002年は、バルクキャリアが減り、受注量・建造量とも減るであろう。2002年は、2001年より厳しい年になる。
 
表 2001年のCSSCの概況
  2001年 2000年 1999年
(全部門)      
生産額合計 133億元 121億元 116億元
新造船 106億元 92億元 91億元
修繕船 9億元 8億元 7億元
鉄鋼構造物等 16億元 20億元 18億元
(船舶部門)      
受注量/受注額 200万総合トン/218億元 199万総合トン477億元 −/−
竣工量/竣工隻数 205万総合トン/161隻 143万総合トン/112隻 −/−
手持工事量 380万総合トン 385万総合トン
機械生産台数/出力 150台/63万KW 107台/48万KW −/−
注1: 「中国船舶報」等をもとにJETRO上海舶用機械部で作成
2: 手持工事量は各年末
 
1.3 中国船舶重工集団公司(CSIC)
3.1 CSICの2001年の業績−2001年は、事業目標を予定どおり達成−
(1)建造船種等
 VLCC・FPSO・5,618TEUコンテナ船・12,300RO/RO等、高付加価値船の建造が増えた他、建造船舶の増加に伴い、機関の生産も増加。三峡ダム油圧閉鎖装置、運河用船舶リフト等、非船舶部門も業績に貢献した。
(2)ドッグ建設等
 大連新船重工有限責任公司のドック延長工事が起工、大連船廠のドック外壁が完成した。北海船廠造修工場の200万m2の埋立てについても、完成した。
(3)組織改編
 2001年は、4社が有限公司となった他、大連船廠も有限公司となる準備を進めた。
(旧)天津造船公司、武漢造船専用設備廠については、破産手続きが基本的に終った。
3.2 CSICの2002年の事業計画及び見通し
 第10次5ケ年計画で定めた2005年に建造能力400万DWT(2000年の2倍)、建造量300万DWT、総収入350億元(約530億円)、輸出額10億ドル、利益5億元(約75億円)、赤字会社10%以下という目標に向けた2002年の事業計画は、下記の表のとおり。
(1)設備投資等
・2002年の投資規模は34.5億元(約500億円)。そのうち建設工事が26億元(約390億円)、技術開発8億元(約120億円)。船舶ではVLCC、5,618TEUコンテナ、159,000DWT原油タンカー、FPSO等の設計建造、舶用品では低速機関用クランクシャフト等に重点。
(2)2002年の見通し
 2002年については、1月以降受注がないこともあり、非常に厳しい。交通部、国防科学技術工業委員会、国家計画委員会の合議で、2002年前半には決まると思われる海運5ヶ年計画後の中国船主の発注に期待。
 
表 CSICの概況
  2002年(事業計画) 2001年 2000年
(全部門)      
総売上 161億元 143億元 127億元
製造部門 115億元 103億元 93億元
設計部門 46億元 40億元 34億元
生産額合計 162億元 147億元 118億元
新造船 95億元 72億元
修繕船 11億元 8億元
鉄鋼構造物等 41億元 38億元
契約額 150億元 147億元
(船舶部門)      
受注量/受注額 140万総合トン/− 139万総合トン/72億元 144万総合トン/185億元
起工量 130万総合トン 167万総合トン 120万総合トン
竣工量 150万総合トン 93万総合トン 87万総合トン
手持工事量/額 −/− 390万総合トン/300億元 346万総合トン/−
機械生産台数/出力 380台/43万KW 326台/37万KW 389台/27万KW
輸出額 4.4億ドル 4.0億ドル
注1: 「中国船舶報」等をもとにJETRO上海舶用機械部で作成
2: 手持工事量は各年末







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,157位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
8,518

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2002
2.東南アジア造船関連レポート21
3.米国テロ事件後の海事セキュリティ対策の動向
4.米国における船舶のバリアフリー化推進に関する調査
5.米国のエネルギー政策が海事産業に与える影響に関する調査
6.米国における船舶のクリーン推進システム開発プロジェクトに関する調査
7.米国における造船関係研究開発助成制度の実施状況と成果活用等に関する調査
8.英国における統合的海洋管理政策に関する基礎調査
9.WTO加盟後の中国造船・舶用工業に関する調査
10.中東地域造船需要動向調査
11.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査?実現に向けて?
12.船舶解撤の新たな進展と今後の展望
13.中国の造船・舶用工業政策に関する調査
14.海運・造船における電子商取引の現状と展望
15.中国造船業の概況(華北)
16.欧州における船舶からの排出ガス削減対策に関する動向調査
17.2002年度欧州造船政策動向調査
18.東南アジア造船関連レポート22
19.東南アジア・オセアニア地域における旅客船参入手法に関する調査
20.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から