日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

中国造船業の概況<2001年>

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


1.6 船舶輸出額
 中国税関によると、2001年の中国の輸出額は、19億2,938万ドルと過去最高になり、2000年より2億9,484万ドル、18%増加した。
 船種では、ばら種船が大幅に伸び、2000年に第1位であったコンテナ船は1億ドル減少し、第3位となった。漁船は、2000年の1,058万ドルから前年比267%増、バージは3,064万ドルから、前年比154%の大幅増となった。
 材質では、鋼製動力船舶が1,215隻、17億2,738万ドルであった。輸出企業は285社と30社増加した。
 輸出先では、金額ベースでは、欧州が一番多いが、シェアではアジア、南米、オセアニア向けが増えた。
 中国機電産品輸出入商会船舶部会は、これまでの受注からみて2002年の船舶輸出額は、20億ドルを突破し、史上最高になるとしている。
 
図1 船種別輸出額
 
表1 船種別輸出額
(単位:万ドル)
船 種 輸出額
ばら積船 60,739
多目的船 24,231
コンテナ船 23,513
プロダクトキャリア 14,708
LPG船 13,638
バージ 7,774
原油タンカー 6,616
漁船 3,880
 
図2 輸出地域別シェア
 
1.7 レジャー用舟艇の輸出
 中国税関によると、2001年のレジャー用舟艇の輸出は、66,225隻、1,729万7,500ドルであり、それぞれ対前年比59.4%、17%の大幅な増加となった。
 輪出先も、1995年は21の国・地域だったが、2001年は54に増加した。日本・香港・米国が多い。輸出企業は、主に山東・江蘇・浙江・福建・広東等の沿海の省に分布している。
 中国の舟艇の品質は、向上して来ており、製造能力の増加、WTO加盟に伴う台湾・香港のボートメーカーの中国進出等により、2002年も中国からの輸出は増加するであろう。
1 中国から輸出されるレジャー用舟艇の分類
 中国税関の輸出商品分類の「船舶及び浮体構造物」の8901−8908の8の関税番号50品目の中で浚渫船、救命艇、筏等を除くレジャー・スポーツ用舟艇は、8903で、次のとおり分類されている。
 
表1 レジャー用舟艇の関税番号
関税番号 品 目
89031000 空気膨張式(空気充填式のレジャー・スポーツ用舟艇、カヌー)
89039100 ヨット(補助原動機の有無を問わない)
89039200 モーターボート(船外機付を除く)
89039900 その他(その他のレジャー・スポーツ用舟艇、カヌー)
 
2 輸出数量・金額等
(1)輸出隻数
 輸出隻数は、年々増加しており、2001年は、1995年の8.6倍、1999年の1.98倍である。特に隻数の大部分を占める空気膨張式が2001年は62,907隻と2000年の39,856隻から23,051隻も増加している。
 
表2 輸出隻数
単位:隻
  1995年 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年
空気膨張式 6,837 14,778 14,680 27,527 32,275 39,856 62,907
ヨット 6 4 0 3 4 9 84
モーターボート 2 7 7 6 27 11 31
その他 855 1,271 3,270 1,293 1,181 1,572 3,203
合 計 7,700 16,060 17,957 28,829 33,487 41,448 66,225
 
(2)輸出金額
 輸出金額は、1999年に1,000万ドルを突破し、対前年比で2000年は24%、2001年は17%と大幅に伸びた。特に「その他」に分類される船舶の伸び率が大きい。ヨットは隻数が増えたにもかかわらず輸出金額は減少しており、2000年と比べ単価が安くなっていると言える。
 
表3 輸出金額
(単位:ドル)
  1995年 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年
空気膨張式 1,156,773 2,656,979 2,864,373 4,810,398 6,864,183 7,802,514 8,236,413
ヨット 470,626 692,741 0 756,000 198,990 1,025,980 675,805
モーターボート 122,658 503,877 208,500 1,785,499 2,054,299 2,116,161 2,147,549
その他 2,304,738 3,210,370 1,346,757 2,112,783 2,792,192 3,829,419 6,237,746
合 計 4,054,795 7,063,967 4,419,630 9,464,680 11,909,664 14,774,074 17,297,513
 
(3)輸出先
 主な輸出先は、東南アジアの日本・香港、欧州のドイツ・イギリス・フランス、米国である。
 
表4 輸出先
  1995年 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年
国・地域の数 21 28 34 35 41 52 54
 
表5 地域別の隻数・金額
  東アジア 西アジア アフリカ 欧州 南米 北米 オセアニア
数量(隻) 181,165 2,907 48 24,388 370 19,793 524
金額(ドル) 5,358,895 257,367 47,519 5,474,090 169,555 5,708,712 281,375
 
(4)税関別統計
 上海で通関する隻数が多いが、この中には江蘇省・浙江省の企業で製造されたものも相当数含まれているとみられる。
 
表6 税関別通関隻数
単位:隻
  ハルビン 沈陽 長春 大連 青島 上海 南京 寧波 長沙 武漢
2000年 1,003 55 20 78 20,382 9,087   1,046   28
2001年     2 261 20,277 24,873 1 783 2  
 
  アモイ 福州 黄埔 汕頭 供北 江門 広州 南寧
2000年 2,290 1 6,562 170 10 15 2 1,609 70
2001年 7,782   9,262 842 138 57 2 1,936 4







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,157位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
8,518

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2002
2.東南アジア造船関連レポート21
3.米国テロ事件後の海事セキュリティ対策の動向
4.米国における船舶のバリアフリー化推進に関する調査
5.米国のエネルギー政策が海事産業に与える影響に関する調査
6.米国における船舶のクリーン推進システム開発プロジェクトに関する調査
7.米国における造船関係研究開発助成制度の実施状況と成果活用等に関する調査
8.英国における統合的海洋管理政策に関する基礎調査
9.WTO加盟後の中国造船・舶用工業に関する調査
10.中東地域造船需要動向調査
11.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査?実現に向けて?
12.船舶解撤の新たな進展と今後の展望
13.中国の造船・舶用工業政策に関する調査
14.海運・造船における電子商取引の現状と展望
15.中国造船業の概況(華北)
16.欧州における船舶からの排出ガス削減対策に関する動向調査
17.2002年度欧州造船政策動向調査
18.東南アジア造船関連レポート22
19.東南アジア・オセアニア地域における旅客船参入手法に関する調査
20.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から