日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

中国造船業の概況<2001年>

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


3 2001年の中国の修繕
3.1 2001年の中国の修繕(中国船舶工業行業協会)
−船舶修繕の業績は大幅に上昇−
 2001年の中国船舶修繕業をみると、1〜9月は中国経済が良好で、対外貿易額が増加し、中国の港に入る外国船も持続的に増え、延べ15万隻に達する等、中国船舶修繕業に発展のチャンスをもたらしたことがわかる。第4四半期の世界経済は、アメリカ同時テロ事件の影響を受けたが、中国の船舶修繕業の状況からみれば、大型の船舶修繕と船舶改造工事は、引き続き好調であった。
 2001年、船舶修繕市場における激烈な競争の中で、中国船舶重工集団公司(CSIC)の船舶修繕業の合計生産高は、約13.13億元(約200億円)に達した。輸出では、中国船舶集団公司(CSSC)が船舶修繕で1.19億米ドルを稼ぎ、集団公司の中で、第一位であった。
 中国は、様々な大きさ・船種の船舶を修繕するドックを有しており、価格競争力もあることから、中国経済の持続的な高成長に伴い、中国の船舶修繕業も暫く好調が続くと見られている。なお、軍用船舶の修繕、省市地方の船舶修繕、合資企業の船舶修繕、内陸河川の船舶修繕、漁船の修繕などは含まれていない。
 
1 各集団公司の概況
 不完全な統計ではあるが、中国には1万トン以上の船舶を修繕できる企業が約700社あり、全国16の集団、25の省、市、自治区に分布している。船舶修繕企業は、主に中国船舶重工集団公司、中国船舶工業集団、中遠船務行程集団公司、中海工業有限公司、長航集団工業公司、海軍系、省市の地方造船所、合資企業と漁業系などに属する。
 
1.1 中国船舶重工集団公司(CSIC)
 CSICは、2001年の船舶修繕額が、13.1億元(約200億円)に達し、集団公司中第一位。集団公司傘下4社の船舶修繕企業は、修繕額でいずれも全国ランキングで、トップテンに入っている。即ち、山海関造船所、大連新船重工有限責任公司、渤海船舶重工有限責任公司、北海船舶重工有限責任公司の2001年の船舶修繕額はそれぞれ2.93億元(約45億円)、2.75億元(約40億円)、2.65億元(約39億円)、2.26億元(約33億円)と、2億元(約30億円)を超え、全国で第5、6、8、9位。4社合計の生産額は、10.58億元(約150億円)で、CSICの船舶修繕額の80.58%を占めている。
 
1.2 中遠船務工程集団公司
 傘下の南通COSCO、大連COSCO、広州COSCOなどの2001年の船舶修繕額は、合計で11.2億元(約165億円)で、各集団公司中第2位。
 中遠南通船務工程公司(COSCO南通)の2001年の船舶修繕額は、5.39億元(約80億円)で、前年より20.1%伸びて澄西造船所と共に初めて5億元(約75億円)を突破した。うち、外国船の修繕で前年比17.9%増の5,700万米ドルを稼いだ。126隻の船舶を修繕し、売上高は前年より11.7%、利益は10%伸びた。
 2001年の大連中遠船務工程公司(COSCO大連)の船舶修繕額は、4.96億元(約75億円)と5億元近くに達し、対前年比87.2%増と史上最高の伸率となった。合計148隻の船舶を修繕し、うち、外国船が121隻、中国船が27隻。船舶修繕で3,400万米ドルを稼ぎ、澄西、南通、文沖造船所に次ぎ、第四位。
 過去、価格の安い韓国船を受注していたこともあったが、2001年はギリシア、ドイツ、ノルウェー、インドの船舶に重点におき、特にギリシア船籍の船舶が最も多かった。
 
1.3 中国船舶工業集団公司(CSSC)
 中国船舶工業集団の2001年の船舶修繕による外貨獲得額は、1.19億米ドルで、集団公司中第一位。第二位は、中遠船務工程集団公司であり、1.07億米ドル。
 傘下の企業である澄西造船所の2001年の船舶修繕額は5.64億元(約85億円)で、5億元(約75億円)を突破、中国船舶工業集団(CSSC)の中で、7年連続第1位、中国全体でも第2位。うち、ハイテク・高付加価値の特殊船と大型の改造船による改修繕額が45%を占めている。外国船の修繕額は、6,000万米ドルで、船舶の総修繕額の9割。修繕船の隻数は、合計で178隻、前年より18隻増加した。ピーク時は同時に25隻を修繕する等年間計画の135%の修繕を行い、前年より46%伸びた。
 文沖造船所有限公司の船舶修繕額は、2.67億元(約40億円)で、修繕企業中第7位。
 
1.4 中海工業有限公司
 中海工業有限公司の2001年の船舶修繕は、7.1億元(約105億円)で集団公司中第四位。当該会社は、法人代表が一人だけのため、船舶修繕企業ランキングでは第一位になっている。2001年は4の集団公司合計で42.55億元(約630億円)の船舶修繕額になっている。
 
2 中国の船舶修繕設備
 中国における修繕ドックは、大型化している。山海関造船所は、中国最大級の船舶修繕ドックを有し、30万DWT級のタンカーを修繕できる。
 10万DWT以上の修繕ドックは8基。文沖造船所に15万DWT級ドライドック1基、大連・南通中遠船務公司に浮ドック各1基、澄西造船所、北海船舶重工公司、華潤大東船務公司に10万DWT級の浮ドックが、各1基ある。上海造船所には、10万DWT級のドライドック1基がある。新東聯船務工程公司では、10万DWT級の浮ドックが間もなく完成の予定。
 パナマックス型船舶を修繕できるドックは、11基。江南造船集団に7万DWT級のドライドック2基、大連中遠船務公司と江都卑海造船所に、8万DWT級のドライドック各1基。山海関造船所に7万DWT級のドライドック1基、中遠南通船務公司、上海粤海長興船務公司と広州遠洋船舶修理有限公司に8万DWT級の浮ドック各1基がある。この他、澄西造船所に7万DWT級の浮ドック1基、中海工業公司立豊造船所に6.5万DWT級の浮ドック1基、舟山竜山造船所に6万DWT級のドライドック1基。
 
3 中国の修繕技術
 中国の鋼板取替え作業の効率は、世界のトップレベルに達している。船舶修繕における一日あたりの鋼板取替えの作業量について、業界関係者は、世界の平均は17〜22トン/日と見ている。現在、中国の山海関造船所、北海船舶重工公司、澄西造船所、文沖造船所、大連中遠船務公司、中遠南通船務公司、中海士業公司立豊造船所などの船舶修繕企業は、最高30〜40トン/日を達成できる。
 2001年は多くの船舶修繕企業が、船舶の改造工事を大量に受注した。澄西造船所は、船舶改造等による生産額が当該造船所の45%を占めている他、大連新船重工有限責任公司は、海上ボーリング用プラットフォームの修理改造を受注、大連中遠船務公司は、ドイツの船舶改造を受注した。
 
4 船舶修繕の価格
 2001年の中国大手、中堅造船所の船舶修繕鋼板取り替え価格はやや回復し、1,100〜1,200米ドル/トンとなった。大連中遠船務公司は最高で1,445米ドル/トンまで回復した。
 船舶修繕鋼板取替価格は、90年代初期は中国が1,800〜2,200米ドル/トン、シンガポールが3,900米ドル/トンであったが、1997年のアジア金融危機後、価格は時800〜1,000米ドル/トンまで急落していた。
 
5 その他
 中国船舶工業行業協会は、船舶修繕価格文書(いわゆる「グリーン・ぺ一パー」)を既に2001年8月に発行・実施している。グリーン・ペーパーは、中国国内における船舶修繕企業に共通のものであり、中国船・外国船に平等に適用され、会員企業が1,000総トン以上の船舶修繕を受注する場合、必ず守らなければならないものであるし、1,000総トン以下の船舶修繕を受注する場合も参考にされる。
 中国は2001年12月10日正式にWTOに加盟した。中国各船舶修繕企業のオファーがコストより低いことがないようグリーン・ペーパーに従いオファーしなければならない。さもなければ、ダンピングとみなされ、提訴される可能性が生じる。
・2001年中国船舶修繕の生産経営状況
 2001年中国船舶修繕業界をみると、1〜9月、中国国民経済の発展が良好で、対外貿易の輸出入高が増加し、中国港に到着する外国船が持続的に増え、延べ15万隻に達しており、中国船舶修繕業の発展にチャンスをもたらしたことがわかる。世界経済がアメリカ同時テロ事件に影響され、中国船舶修繕業もちょっと暗くなったにも関わらず、第4四半期船舶修繕の状況からみれば、大型船舶修繕と船舶改装が好調である。
 2001年、船舶修繕市場における激烈な競争に直面し、中船重工集団公司は、船舶修繕工業の合計生産高が約13.13億人民元に達し、各集団公司の船舶修繕の中に一位を誇った。大手、中堅船舶修繕企業は、外国船の修繕を強化し、外貨を稼いだ。中船集団公司は、船舶修繕で1.19億米ドルを稼ぎ、各集団公司の中で第一位である。
 中国には、各種のトン数とレベルの船舶を修繕するドックを有しており、価格も強い競争力をもっているため、中国国民経済の持続的な高成長に伴い、中国の船舶修繕業は暫く好調が続くと見られている。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,157位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
8,518

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2002
2.東南アジア造船関連レポート21
3.米国テロ事件後の海事セキュリティ対策の動向
4.米国における船舶のバリアフリー化推進に関する調査
5.米国のエネルギー政策が海事産業に与える影響に関する調査
6.米国における船舶のクリーン推進システム開発プロジェクトに関する調査
7.米国における造船関係研究開発助成制度の実施状況と成果活用等に関する調査
8.英国における統合的海洋管理政策に関する基礎調査
9.WTO加盟後の中国造船・舶用工業に関する調査
10.中東地域造船需要動向調査
11.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査?実現に向けて?
12.船舶解撤の新たな進展と今後の展望
13.中国の造船・舶用工業政策に関する調査
14.海運・造船における電子商取引の現状と展望
15.中国造船業の概況(華北)
16.欧州における船舶からの排出ガス削減対策に関する動向調査
17.2002年度欧州造船政策動向調査
18.東南アジア造船関連レポート22
19.東南アジア・オセアニア地域における旅客船参入手法に関する調査
20.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から