日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

中国造船業の概況<2001年>

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


4.3 航海・通信計器(2001年11月/国際船艇)
 国際船艇11月号は、航海・無線設備について、中国市場での各社シェアを調査した結果を掲載している。調査は、中国の12造船所という限られた中での調査結果ではあるが、一般に言われているように他の舶用部品と比べたとき、日本のメーカー各社が大きなシェアを持っていること、中国のメーカーが育っていないこと、日欧メーカーが厳しい競争を繰り広げていることが、特徴といえそうである。
 
<調査結果>
 中国における航海・通信計器は、日米欧が中心であり、徐々に途上国にメーカーが移りつつある主機・補機とは異なる。2000年から始めた中国の12造船所のサンプル調査結果でも日米欧の少数のメーカーの名前が上がった。10ケ国、39社の名前があがった中で、JRC、古野電気、LITTON、SPERRYが、中心メーカーである。
 
1 通信システム
 通信システムは、船外に向けての無線・衛星システムと有線・無線の船内電話等がある。
 
1)無線システム
 無線局、送受信呼出し装置等からなる。表1からわかるように中国市場は日米欧のメーカーの争いとなっている。日本のメーカー2社が70%のシェアを持ち、主導権を取っている。特に中国で建造される中大型船の無線システムは、輸入品である。中国製の無線システムは、出力が小さく沿岸・河川を航行する小型船舶に使われている。
 
表1 船舶用無線システムの中国への輸入状況
No 会社名 国家 数量(台) シェア(%)
1 FURUNO 日本 17 38.64%
2 JRC 日本 14 31.82%
3 SKANTI デンマーク 5 11.36%
4 KNC ノルウェー 2 4.55%
5 LITTON アメリカ 2 4.55%
6 その他   4 9.09%
合計     44 100.00%
出所: 2001年11月/国際船艇
 
2)衛星通信システム
 1970年代から設置が始まった衛星通信システムは静止衛星によるINMARSATシステムにより世界中で利用可能なこと、及びその対候性から現在はB局・C局が外航船に備えられている。無線システム同様日米欧のメーカーの争いとなっており、JRCがトップに立っている。
 
表2 船舶用衛星通信システムの中国への輸入状況
No 会社名 国家 数量(台) シェア(%)
1 JRC 日本 13 46.43%
2 FURUNO 日本 5 17.86%
3 SPERRY アメリカ 2 7.14%
4 その他   8 28.57%
合計     28 100.00%
出所: 2001年11月/国際船艇
 
3)船内電話・船内通信
 船内電話は、プログラム制御の小型電話交換機、音声電話、超高周波無線電話、インターコム、TVシステム等からなっている。これらの設備には、ローテクの機器が、含まれているため、中国国内メーカーと海外メーカーの間に一定の競争がある。輸入品の中では、JRC・古野電気といった日本メーカーが、56%のシェアを持っている。
 
表3 船内電話・船内通信の中国への輸入状況
No 会社名 国家 数量(台) シェア(%)
1 JRC 日本 22 31.43%
2 FURUNO 日本 17 24.29%
3 OKI 日本 10 14.29%
4 VINGTOR ノルウェー 7 10.00%
5 NAVICO ノルウェー 3 4.29%
6 GITIESSE CIOO LCENICA イタリア 2 2.86%
7 NHE 日本 2 2.86%
8 SPERRY アメリカ 2 2.86%
9 TKC 日本 2 2.86%
10 その他   3 4.29%
合計     70 100.00%
出所: 2001年11月/国際船艇
 
4)アンテナ系統
 調査した9セットのアンテナのうち、5セットはノルウェーのNAVICO、3セットが日本の古野電気、1セットがデンマークのAPSであった。
 
2 航海計器
 IMOは、すべての外航船に、航海計器を要求しており、磁力、慣性力、無線、衛星等の方法に分類される。
 
1)レーダー
 下記の表によると、レーダーは、日米の争いとなっている。米国の2社からは、24台、日本の3社からは、22台とほぼ同数である。LITTON、SPERRY、JRC、古野電気はいずれも世界的に有名なメーカーである。トランスポンダーは調査した11のうち6がJRC、4が古野電気、1がフランスのIESMであった。
 
表4 船舶用レーダーシステムの中国への輸入状況
No 会社名 国家 数量(台) シェア(%)
1 LITTON アメリカ 18 36.73%
2 JRC 日本 13 26.53%
3 FURUNO 日本 6 12.24%
4 SPERRY アメリカ 6 12.24%
5 TKC 日本 3 6.12%
6 ANSCHUTZ ドイツ 2 4.08%
7 KNC ノルウェー 1 2.04%
合計     49 100.00%
出所: 2001年11月/国際船艇
 
2)ジャイロコンパス
 現在、中国で建造される外航船に設置されているジャイロコンパスは、全て輸入品である。中国メーカーの製品もあるが、市場シェアは高くない。輸入品市場は、日米独と3局化しており、TKC、古野、横河の日本メーカーが13セット、LITTON、SPERRYの米国メーカー2社が、10セットである。
 
表5 船舶用ジャイロコンパスの中国への輸入状況
No 会社名 国家 数量(台) シェア(%)
1 LITTON アメリカ 8 26.67%
2 TKC 日本 6 20.00%
3 ANSCHUTZ ドイツ 5 16.67%
4 FURUNO 日本 4 13.33%
5 YOKOGAWA 日本 3 10.00%
6 SPERRY アメリカ 2 6.67%
7 その他   2 6.67%
合計     30 100.00%
出所: 2001年11月/国際船艇
 
3)オートパイロット
 ジャイロコンパス同様、日米独との3局構造となっている。調査の中では、米日独の数は各々10、8、7となっている。
 
表6 船舶用オートパイロットの中国への輸入状況
No 会社名 国家 数量(台) シェア(%)
1 LITTON アメリカ 8 30.77%
2 ANSCHUTZ ドイツ 5 19.23%
3 TKC 日本 5 19.23%
4 YOKOGAWA 日本 3 11.54%
5 SPERRY アメリカ 2 7.69%
6 C.PLTH ドイツ 2 7.69%
7 KNC ノルウェー 1 3.85%
合計     26 100.00%
出所: 2001年11月/国際船艇
 
4)音響測深器
 この市場では、日本のJRCと古野電気がそれぞれ12セット、11セットで1位、2位。米国のLITTONが6セット、SPERRYが2セット、ノルウェーのKNCが欧州では唯一1セットを提供している。
 
表7 船舶用音響測深器の中国への輸入状況
No 会社名 国家 数量(台) シェア(%)
1 JRC 日本 12 36.36%
2 FURUNO 日本 11 33.33%
3 LITTON アメリカ 6 18.18%
4 SPERRY アメリカ 2 6.06%
5 ANSCHUTZ ドイツ 1 3.03%
6 KNC ノルウェー 1 3.03%
合計     33 100.00%
出所: 2001年11月/国際船艇
 
5)方向探知機
 37セット中、米国のLITTONと日本の古野電気が13セットで一位。日本のメーカーが合計で21セットで、15セットの米国をリードしている。
 
表8 船舶用方向探知機の中国への輸入状況
No 会社名 国家 数量(台) シェア(%)
1 FURUNO 日本 13 35.14%
2 LITTON アメリカ 13 35.14%
3 JRC 日本 5 13.51%
4 YOKOGAWA 日本 3 8.11%
5 SPERRY アメリカ 2 5.41%
6 KNC ノルウェー 1 2.70%
合計     37 100.00%
出所: 2001年11月/国際船艇
 
6)ログ
 29セット中、JRCが11セットで第一位、古野電気、LITTONが各7セットで2位であり、日米のメーカーの争いとなっている。
 
表9 船舶用ログの中国への輸入状況
No 会社名 国家 数量(台) シェア(%)
1 JRC 日本 11 37.93%
2 FURUNO 日本 7 24.14%
3 LITTON アメリカ 7 24.14%
4 SPERRY アメリカ 2 6.90%
5 その他   2 6.90%
合計     29 100.00%
出所: 2001年11月/国際船艇
 
7)非常用位置指示システム
 無線タイプと衛星タイプがあるが、25セット中、JRCが11セットで1位、古野電気が4セット、米国のNOVA MARINが、3セットである。
 
8)船舶用風向・風速計
 調査した25セットは日・英・米・独、デンマーク、ノルウェーの9社で製造されており各社ほぼ同数を提供している。
 
9)その他の計器
 16のクロノメーター、基準時計は、「セイコー」であった。40の汽笛は、19が日本の伊吹工業、18がスウェデンのKochum、3がドイツのZollenであった。13の旋回窓は、英国のWynnが9、Hepworthが1、韓国のJUVA-Aが2、シンガポールのBergflexが1であった。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,157位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
8,518

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2002
2.東南アジア造船関連レポート21
3.米国テロ事件後の海事セキュリティ対策の動向
4.米国における船舶のバリアフリー化推進に関する調査
5.米国のエネルギー政策が海事産業に与える影響に関する調査
6.米国における船舶のクリーン推進システム開発プロジェクトに関する調査
7.米国における造船関係研究開発助成制度の実施状況と成果活用等に関する調査
8.英国における統合的海洋管理政策に関する基礎調査
9.WTO加盟後の中国造船・舶用工業に関する調査
10.中東地域造船需要動向調査
11.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査?実現に向けて?
12.船舶解撤の新たな進展と今後の展望
13.中国の造船・舶用工業政策に関する調査
14.海運・造船における電子商取引の現状と展望
15.中国造船業の概況(華北)
16.欧州における船舶からの排出ガス削減対策に関する動向調査
17.2002年度欧州造船政策動向調査
18.東南アジア造船関連レポート22
19.東南アジア・オセアニア地域における旅客船参入手法に関する調査
20.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から