日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

2002年度欧州造船政策動向調査

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


はじめに
 現在、世界の造船業は、エリカ号、プレステージ号による大規模油汚染によるシングルハルタンカーのフェージングアウト前倒しやバルクキャリヤーの安全問題に対する不安材料などを背景に、一定の手持ち工事量を抱えている。しかし、1990年代半ばには韓国による大規模設備拡張が行われ、中国等の新興造船国が急速な進展を見せる中、各国造船所の生産性の向上等により、世界の造船能力は大幅に拡大し、極めて近い将来、大きな需給ギャップが生ずることは、主要造船国のいずれもが肯定するところとなっている。
 このような状況の中、韓国造船業は低船価・大量受注により1999年、2000年と世界第一位の受注量を記録したが、このような韓国の実績に対しEUは、財閥系造船会社の経営破綻処理に対する政府助成等はWTO補助金協定に反するもので、こうした韓国の行動が世界全体の船価低落を招いたとし、1999年12月以降、WTO提訴の可能性を圧力に韓国との間で二国間協議を実施してきた。しかしながら、有効な解決策を見出せなかったことから、ついにWTO提訴に及び、かつ、暫定的とはいえ、韓国の不公正慣行への対抗を目的とした造船助成の再開を決定している。
 本調査報告書は、このような欧州と韓国における造船摩擦について、その動向を時系列で追うとともに、紛争の論点整理を試みた。また、今後は恐らくWTOの場で、紛争処理パネルと呼ばれる小委員会が設置され、第3国からの意見も踏まえてパネル裁定が行われると思われる。
 本報告書が、我が国造船政策の基礎資料として活用されることを期待するものである。
 
2003年3月
ジャパン・シップ・センター







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
753位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
13,398

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2002
2.東南アジア造船関連レポート21
3.米国テロ事件後の海事セキュリティ対策の動向
4.中国造船業の概況<2001年>
5.米国における船舶のバリアフリー化推進に関する調査
6.米国のエネルギー政策が海事産業に与える影響に関する調査
7.米国における船舶のクリーン推進システム開発プロジェクトに関する調査
8.米国における造船関係研究開発助成制度の実施状況と成果活用等に関する調査
9.英国における統合的海洋管理政策に関する基礎調査
10.WTO加盟後の中国造船・舶用工業に関する調査
11.中東地域造船需要動向調査
12.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査?実現に向けて?
13.船舶解撤の新たな進展と今後の展望
14.中国の造船・舶用工業政策に関する調査
15.海運・造船における電子商取引の現状と展望
16.中国造船業の概況(華北)
17.欧州における船舶からの排出ガス削減対策に関する動向調査
18.東南アジア造船関連レポート22
19.東南アジア・オセアニア地域における旅客船参入手法に関する調査
20.「海と船の企画展」統一ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から