日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

2002年度欧州造船政策動向調査

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


3. CONCLUSIONS
The crisis in world shipbuilding is deepening, with very slow order intake in the major shipbuilding regions in the first six months of 2002. The main reasons are past over-supply, slowing economies around the world and the effects of 11 September. Only Japanese yards currently still manage to fill building slots. However, this is very much helped by domestic demand, in particular for bulk carriers, as has been long-standing practice in this region.
 
World-wide ordering for new ships in the first half of 2002 was down by almost 2/3, compared to average quarterly figures in 2000, which on the other hand was the best year ever for shipbuilding. In the EU, the situation is even worse, with ordering being down by almost 4/5 compared to the year 2000.
 
Most affected are container ships and cruise ships, but crude oil tankers and LNG carriers have also seen lower demand. Demand has remained comparatively stable only in the segment of product tankers, due to replacement needs stemming from new EU maritime safety legislation, and in the segment of bulk carriers.
 
As a result shipyards are running out of work and a number of bankruptcies and lay-offs, mainly in Europe, have already occurred.
 
Prices for new ships have declined further and are now at the lowest level for more than a decade.
 
Yards in South Korea have further lowered offer prices, despite increases in all major cost factors and a number of Korean yards may find it difficult to meet their financial obligations if order intake is not increased soon.
 
The Commission's detailed cost investigations for orders placed in South Korean yards confirm the findings from previous reports, namely that ships are offered at prices which do not cover the full costs of production. The investigations show that the gap between offer prices and calculated normal price is again widening.







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
753位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
13,398

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2002
2.東南アジア造船関連レポート21
3.米国テロ事件後の海事セキュリティ対策の動向
4.中国造船業の概況<2001年>
5.米国における船舶のバリアフリー化推進に関する調査
6.米国のエネルギー政策が海事産業に与える影響に関する調査
7.米国における船舶のクリーン推進システム開発プロジェクトに関する調査
8.米国における造船関係研究開発助成制度の実施状況と成果活用等に関する調査
9.英国における統合的海洋管理政策に関する基礎調査
10.WTO加盟後の中国造船・舶用工業に関する調査
11.中東地域造船需要動向調査
12.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査?実現に向けて?
13.船舶解撤の新たな進展と今後の展望
14.中国の造船・舶用工業政策に関する調査
15.海運・造船における電子商取引の現状と展望
16.中国造船業の概況(華北)
17.欧州における船舶からの排出ガス削減対策に関する動向調査
18.東南アジア造船関連レポート22
19.東南アジア・オセアニア地域における旅客船参入手法に関する調査
20.「海と船の企画展」統一ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から