日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

2002年度欧州造船政策動向調査

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


F. CONCLUSION
In the light of the foregoing, the conclusions and the suggested course of action are as follows:
 
The evidence available leads to the conclusion that the KEXIM: programmes led to the granting of subsidies within the meaning of Article 1 of the ASCM to Korean shipbuilders.
 
Furthermore, the investigation shows that Korea has granted through corporate restructuring subsidies within the meaning of Article 1 of the ASCM to the following shipyards:
 
- Halla Engineering and Heavy Industries (now called Samho Heavy Industries),
- Daedong Shipbuilding Co., and
- Daewoo Heavy Industries (now called Daewoo Shipbuilding Marine Engineering).
 
A subsidy has also been granted to Daewoo through taxation programmes.
 
The KEXIM subsidies are de jure export contingent within the meaning of Article 3 of the ASCM and therefore, in accordance with Article 2.3, specific.
 
There is prima facie evidence that corporate restructuring and taxation subsidies are export contingent within the meaning of Article 3 of the ASCM and therefore, in accordance with Article 2.3, specific; they are in any event specific within the meaning of Article 2.1 of the ASCM.
 
There is evidence that the subsidies are causing adverse effects to Community industry within the meaning of Article 5 of the ASCM and are, therefore, actionable.
 
The investigation will continue with a view to collect further information, in particular with regard to the export subsidies.
 
The Commission will immediately pursue the matter with the Korean authorities in order to obtain the withdrawal of the subsidies or the removal of the adverse effects. Unless such a solution is achieved amicably within the next few weeks the initiation of a procedure within the framework of the WTO Dispute Settlement Understanding, and more particularly pursuant to the relevant provisions of the ASCM, might be required.







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
753位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
13,398

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2002
2.東南アジア造船関連レポート21
3.米国テロ事件後の海事セキュリティ対策の動向
4.中国造船業の概況<2001年>
5.米国における船舶のバリアフリー化推進に関する調査
6.米国のエネルギー政策が海事産業に与える影響に関する調査
7.米国における船舶のクリーン推進システム開発プロジェクトに関する調査
8.米国における造船関係研究開発助成制度の実施状況と成果活用等に関する調査
9.英国における統合的海洋管理政策に関する基礎調査
10.WTO加盟後の中国造船・舶用工業に関する調査
11.中東地域造船需要動向調査
12.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査?実現に向けて?
13.船舶解撤の新たな進展と今後の展望
14.中国の造船・舶用工業政策に関する調査
15.海運・造船における電子商取引の現状と展望
16.中国造船業の概況(華北)
17.欧州における船舶からの排出ガス削減対策に関する動向調査
18.東南アジア造船関連レポート22
19.東南アジア・オセアニア地域における旅客船参入手法に関する調査
20.「海と船の企画展」統一ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から