日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

2002年度欧州造船政策動向調査

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


C.4 著しい害
 著しい害に関しては、ASCM第6条(3)で起こりうる状況として列挙されている。その中で、その項のポイントc)で説明されている事項が、本調査に関係のある規定である。すなわち、“補助金の効果が、補助金の交付を受けた産品の価格を同一市場における他の加盟国の同種の産品の価格よりも著しく下回らせるものであること又は同一市場における価格の上昇を著しく妨げ、価格を著しく押し下げ若しくは販売を著しく減少させるものであること。”
 
 価格の引き下げと価格破壊に関しては、前述のとおり損害評価に関連した解析が行われている。実際、上述の解析は世界の造船市場に関して行われているものであるが、そこでなされた評価は著しい害に関連させても有効である。
 
 ASCM第6条5では、「6.3(c)の規定の適用上、価格を下回らせることには、補助金の交付を受けた産品の価格と同一の市場に供給される補助金の交付を受けていない同種の産品の価格との比較によって立証される場合を含む。この比較については商取引の同一の段階で、かつ、同等な時点で行うものとし、価格の比較に影響を及ぼすその他の要因に妥当な考慮を払う。」と規定されている。上述の価格比較は、運営補助を受けた域内造船所を例に行われているが、契約船価に比例して与えられる支援のインパクトは、引き下げ幅の減少に影響を与える。言い換えると、受けた支援を反映した価格調整は、確立された船価の引き下げを大きく増加させるであろう。
 
 調査対象期間中、少なくとも24隻の船(7隻のコンテナ船、12隻のフェリー、5隻のオイルタンカー)について、域内製造業者は船主にオファーを出しているが、結果として、韓国の造船所が非常に低い船価で提示を出すため、域内製造業者は契約を失っている。韓国の契約船価は、欧州の造船所が提示した船価に比べて、平均で約25%低い。
 
Type of
Vessel
Number
of vessels
Size
(CGT)
Offer by
Community
shipyard(ME)
Korean
price
(ME)
Price
difference
Container 1 21.718 110,0 75,0 -31,8%
Container 1 28.691 97,2 70,3 -27,7%
Container 1 38.500 96,0 80,0 -16,7%
Container 1 44.115 80,0 65,0 -18,8%
Container 1 46.120 96,0 71,5 -25,5%
Container 1 31.467 31,5 26,4 -16,1%
Container 1 21.718 33,0 21,8 -33,8%
Ferry 2 22.500 43,7 31,0 -29,1%
Ferry 4 25.200 64,9 50,1 -22,8%
Ferry 2 28.800 74,1 58,8 -20,7%
Ferry 2 22.500 74,1 56,2 -24,1%
Ferry 2 24.300 41,2 36,6 -11,4%
Oil tanker 1 21.000 28,1 25,3 -10,0%
Oil tanker 2 17.082 35,7 22,0 -38,3%
Oil tanker 2 17.082 39,4 22,0 -44,0%
 
 他のいくつかのケースでは、域内製造業者は、提示する前に失望し、入札プロセスに参加する事さえしない場合もあった。
 
 上述を根拠に、域内企業は調査対象期間中にASCM第5条、TBR第2条(3)及び(4)に規定される不当な影響を受けた証拠があると断言できる。
 
 特に、域内企業は、ASCM第5条(a)に規定される損害を被ってきた。言い換えれば、マーケットシェア、建造能力利用率、利益、売船価格、直接雇用及び投資において悪影響を受けた。製造物マーケットの種類によるが、全世界的な造船市場においてこのような損害があったことが示された。このことは、合理的に域内市場に当てはめることができる。(前述のC.2で説明したとおり、区分された域内市場を定義することは適切でないし、また、現実的ではないが)。
 域内企業は、また、ASCM第5条(c)に規定される著しい害を被った。すなわち、巨額の船価引き下げ、船価の下落及び販売の喪失である。
 
 船種別では、コンテナ船及びプロダクト/ケミカルタンカーにおいては、相当の損害及び深刻な不利益があることが判明した。損害及び深刻な不利益は、より小さい規模ではあるが、バルクキャリア、オイルタンカー及び旅客船、RoRoフェリーの分野においても存在し、他の船種では損害又は深刻な不利益は発見されなかった。最終的に、クルーズ船については、損害又は深刻な不利益は立証されなかった。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
753位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
13,398

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2002
2.東南アジア造船関連レポート21
3.米国テロ事件後の海事セキュリティ対策の動向
4.中国造船業の概況<2001年>
5.米国における船舶のバリアフリー化推進に関する調査
6.米国のエネルギー政策が海事産業に与える影響に関する調査
7.米国における船舶のクリーン推進システム開発プロジェクトに関する調査
8.米国における造船関係研究開発助成制度の実施状況と成果活用等に関する調査
9.英国における統合的海洋管理政策に関する基礎調査
10.WTO加盟後の中国造船・舶用工業に関する調査
11.中東地域造船需要動向調査
12.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査?実現に向けて?
13.船舶解撤の新たな進展と今後の展望
14.中国の造船・舶用工業政策に関する調査
15.海運・造船における電子商取引の現状と展望
16.中国造船業の概況(華北)
17.欧州における船舶からの排出ガス削減対策に関する動向調査
18.東南アジア造船関連レポート22
19.東南アジア・オセアニア地域における旅客船参入手法に関する調査
20.「海と船の企画展」統一ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から