日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

2002年度欧州造船政策動向調査

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


F. 結論
 以上より、結論と提案すべき措置は以下の通りとなる。
 
 利用可能な情報からは、KEXIMのプログラムはASCM第1条に規定される補助金を韓国造船事業者への供与に該当するという結論が導かれる。
 
 さらに、調査の結果、韓国は、ASCM第1条に規定される補助金を、企業再建を通じて以下の事業者に対して行っていることが判明した。
 
―漢拏重工(現在の三湖重工)
―大東造船
―大宇重工(現在の大宇造船)
 
 租税措置を通じて大宇に助成金が供与された。
 
 KEXIMによる助成措置は、それ自体がASCM第3条に規定される輸出を行っていることに基づくものであり、従って、第2条3により、特定性がある。
 
 企業再建及び税制措置による助成措置は、ASCM第3条に規定される輸出を行っていることに基づくものであり、第2条3により、特定性があることの一応の証拠である。これらはいかなる場合でも、第2条1に規定される特定性がある。
 
 政府助成が、域内企業に対しASCM第5条に規定される悪影響を引き起こしていることについては証拠があり、従って、対抗措置をとることが可能である。
 
 さらなる情報、特に輸出補助金に関する情報収集のため調査を継続する。
 
 委員会は、助成措置の撤廃又は悪影響の除去のため、早急に問題を韓国当局に追求する。この解決が今後数週間の間に友好的に図られなければ、WTO紛争解決了解の枠組み、より特化してASCMの該当条項に基づく手続きの開始が要求される。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
753位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
13,398

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2002
2.東南アジア造船関連レポート21
3.米国テロ事件後の海事セキュリティ対策の動向
4.中国造船業の概況<2001年>
5.米国における船舶のバリアフリー化推進に関する調査
6.米国のエネルギー政策が海事産業に与える影響に関する調査
7.米国における船舶のクリーン推進システム開発プロジェクトに関する調査
8.米国における造船関係研究開発助成制度の実施状況と成果活用等に関する調査
9.英国における統合的海洋管理政策に関する基礎調査
10.WTO加盟後の中国造船・舶用工業に関する調査
11.中東地域造船需要動向調査
12.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査?実現に向けて?
13.船舶解撤の新たな進展と今後の展望
14.中国の造船・舶用工業政策に関する調査
15.海運・造船における電子商取引の現状と展望
16.中国造船業の概況(華北)
17.欧州における船舶からの排出ガス削減対策に関する動向調査
18.東南アジア造船関連レポート22
19.東南アジア・オセアニア地域における旅客船参入手法に関する調査
20.「海と船の企画展」統一ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から