日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

ISO/TC8/SC1/WG3 ストックホルム会議報告書

 事業名 船舶関係国際標準化活動
 団体名 日本船舶標準協会 注目度注目度5


WORKING DRAFT
ISO/WD 24409-1
 
Annex B
(normative)
Layout of templates for creation of graphical symbol originals
B.1 General
The recommendations given in this annex are applicable to signs other than escape route signs. Recommendations regarding sizes of escape route signs are given in Part 3 of this Standard.
 
B.2 Size vs. viewing distance formula
In order to decide on the minimum size of sign needed, the maximum viewing distance at which the sign is required to be conspicuous and intelligible has to be determined. The viewing distance at which a sign of a particular size is conspicuous and legible depends on the illumination of the sign. The sign height h, in millimetres (mm), needed for a particular viewing distance can be calculated from the following equation:
 
h=D/Z
 
where:
 
D is the required viewing distance in millimetres (mm)
 
Z is a distance factor to take account of the illumination of the sign and the amount of detail it contains
 
Table B.1 gives sign heights (as defined in ? and illustrated in Figure ?) calculated for various maximum viewing distances in adequate (50 lux) vertical illuminance at the sign. These are based on a value of Z = 120 which takes account of the level of illumination and the need to comprehend a graphical symbol where the size of the critical detail is not less than 1/19th of the sign height. For text only signs, a value of Z = 225 should be used.
 
If a sign is brightly lit or is internally illuminated at all material times a smaller size than that given in Table B.1 would be acceptable.
 
Conversely if the sign is poorly lit or has complicated detail, a larger sign would be needed.
 
Table B.B1 ― Minimum sign heights recommended for different maximum viewing distances
Maximum viewing distancea
M
Minimum sign heightb
Mm
Recommended letter heightc in supplementary text sign
Mm
7 60 5
9 80 7
14 120 10
21 180 15
28 240 20
a Calculated using formula X with Z = 120 and rounded down to the nearest whole metre.
b For intermediate viewing distances the next largest available sign height should be used.
C See?
 
WORKING DRAFT
ISO/WD 24409-1
 
Bibliography
To be developed







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,109位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
8,806

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.ISO/TC67/SC7/WG5 ヒューストン会議報告書
2.ISO/TC108/SC2及び同WG2 ミンデン会議報告書
3.ISO/TC8/SC1及び同WG 東京会議報告書
4.救命胴衣及び浮力補助具に関するCEN/TC162/WG6及びISO/TC188/WG14 第11回ケルン合同会議報告書
5.ISO/TC8/AG カディス会議報告書
6.ISO/TC8/SC2及びWG3 オスロ会議報告書
7.ISO/TC8/SC6及び同WG8 釜山会議報告書
8.第18回ISO/TC18 スモールクラフト専門委員会及び同時開催作業委員会 ビクトリア会議報告書
9.ISO/TC8/SC1/WG1 コペンハーゲン会議報告書
10.ISO/TC8/SC2/WG3/ ロンドン会議報告書
11.第21回 ISO/TC8 本会議(釜山会議)報告書
12.第35回 ISO/TC8/AG 釜山会議報告書
13.第1回 ISO/TC8/SC8 釜山会議報告書
14.ISO/TC8/SC6 釜山会議報告書
15.第3回 ISO/TC8/SC4 釜山会議報告書
16.釜山会議セミナー
17.回頭角速度計/国際規格草案の作成
18.ラダーアングルインジケータ/国際規格草案の作成
19.ISOのA級及びB級磁気コンパスの統合規格/国際規格草案の作成
20.プロペラ軸回転計/国際規格草案の作成
21.プロペラピッチインジケータ/国際規格草案の作成
22.ISO9943:1991 造船―調理室及び調理器具のある配膳室の空調及び通風/国際規格草案の作成
23.ビジネスプラン
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から