日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > 諸芸.娯楽 > 成果物情報

海の総合学習テキスト

 事業名 帆船から学ぶ海と日本
 団体名 大阪港振興協会 注目度注目度5


白山丸・北前船の復原(はくさんまる・きたまえぶねのふくげん)
平成10年4月、新潟県佐渡郡小木町(おぎまち)の千石船の村・宿根木(しゅくねぎ)で、江戸時代の板図(いたず)(設計図)をもとに、日本で初めて実物大の北前船が復原された。
全長24m、帆柱先端までの高さ22m。復原船は安政5年(1858)に建造された、積載能力700石(105t)の船である。
 
復原の元になった板図、安政5年(1858)の墨書きがある
 
帆柱の原木を伐り倒す。この大木でぎりぎりの寸法だった
 
船底部分のカジキという部材。この船で最大の板材
 
厚さ18cmの板を蒸して曲げながら取り付ける
 
船底部分を組み立てる。右手前はケヤキの船首材
 
本体部分が完成。船は大きな桶である
 
地元の漁師によるロープの化粧かがり
 
女性たちによる帆ぬいの仕上げ作業
 
完成した船体を屋外に引き出す
外で巨大な帆柱を取り付ける
 
完成した北前船の全景、収蔵庫の前庭で帆をあげる。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
162位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
79,351

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.参加者募集案内
2.セイル・トレーニング報告書
3.第4回日本太鼓全国障害者大会 報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から