日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(電気機器編、初級)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


2・8 直流機
2・8・1 一般
 船舶の電気機械は現在では一般に交流化しているので,直流機器の採用の比率は非常に少くなっているが,直流電動機がトルクと速度に於て任意の制御特性を得易いために,石油掘さく船,浚渫船等の特殊装置や,砕氷船,海洋調査船,特殊作業船などの特殊な制御特性を要する推進装置等に採用される事例がかなり多く見うけられる。
2・8・2 直流発電機
(1)種類
 直流発電機は直流機器の共通電源として使用される定電圧直流発電機と,ワードレオナード制御のように電動機の速度制御の目的で使用される可変電圧直流発電機に用途的な観点から大別されるが,一方励磁電源の取り方を示すものとして,他の直流電源を利用する他励方式と,自分で発生した電圧を利用する自己励磁方式に分けられる。自己励磁方式の場合,さらに,その電流のとり方によって分巻励磁,直巻励磁及びこれらの両者を混用した複巻励磁に分けられる。
 上記に示すこれらの励磁に使用される夫々の巻線を他励界磁巻線,直巻界磁巻線という。直流発電機は通常,励磁の仕方によって他励発電機,分巻発電機,複巻発電機と呼称され,用途によって適宜使い別けられている。図2.119はこれらの発電機の界磁巻線の接続をそれぞれ示している。
 
図2.119 各種直流発電機の基本結線
 
(2)構造
 形式としては防滴保護,自己通風形が普通で,特に大容量機では空気冷却器付きの内冷形とすることがある。軸受支持構造にはブラケット形,ペデスタル形の2方式があり,原動機との結合関係によって,片持軸受方式,両軸受方式のいずれかが採用される。軸受には軸受メタルを使用するすべり軸受か,ころがり軸受の何れかが使用される。すべり軸受の場合,その潤滑油には,自己給油方式と強制給油方式の2方式があるが,後者の場合,原動機から潤滑油をもらう方法が多用されている。原動機と反対の側のすべり軸受の支持台は軸電流を防止するため,絶縁ライナ,絶縁ボルト,絶縁座金及び絶縁ピンなどにより据付ける構造とし,強制給油の場合には油管もフランジ部分で絶縁される直流発電機で最も重要な部分は整流子であり,これの不良は整流不良あるいはフラッシオーバー等の大事故の原因となるため,整流子まわりにはとくに保守点検が容易にできるような構造上及び配置上の留意が望ましい。
 
図2.120 直流発電機の構造断面
(1)電機子鉄心
(2)電機子巻線
(3)軸
(4)建機子サパイダ
(5)整流子
(6)冷却ファン
(7)補極巻線
(8)継鉄
(9)補極
(10)界磁極鉄心
(11)界磁巻線
(12)軸受
(13)防滴カバー
(14)端子箱







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
10位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
660,182

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(レーダー、機器保守整備編)
2.平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(電気装備概論編、初級)
3.平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(電気艤装工事編、初級)
4.平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(電気工学の基礎編、初級)
5.平成15年度 船舶電気装備技術講座(GMDSS・レーダー、基礎理論編)
6.平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(レーダー、装備艤装工事編)
7.平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(レーダー、AIS・VDR・GPS編)
8.平成15年度 船舶設備関係法令及び規則〔資格更新研修用テキスト(強電用)〕
9.平成15年度 船舶設備関係法令及び規則〔資格更新研修用テキスト(弱電用)〕
10.平成15年度 船舶電気装備資格者名簿
11.平成15年度 船舶電装工事の技術革新のための調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から