日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

中国造船業の概要<2002年>

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


(9)武漢理工大学
 
所在地:武漢珞獅路122号
郵便番号:430070
E-Mail: webmaster@mail.whut.edu.cn
 
沿革
2000年5月 国務院の承認を経て「武漢工業大学」、「武漢交通科学技術大学」、「武漢自動車工業大学」が合併して成立した教育部傘下の大学。
 
大学概況
◆専任教師は3,627人、うち教授は336人、高級工程師級の教師は1,264人。
◆現在大学には21の学院、学部があり、本科の学科は50。修士課程研究科は51、博士前期課程研究科は15、博士後期課程研究科は4
◆在学中の学生規模は全国大学のトップ5にあり、学生総人数は44,000人、うち博士課程、修士課程の大学院生は約3,370人。
◆国家レベルの重点学科は3、省・部級の重点学科は29、国家級の重点実験室及び重点工業性試験センターは2、省・部級の重点実験室及び工程研究センターは9ある。
 
主要船舶、航海関連科学部及び研究所
学院 学部 学科 専攻
交通学院 船舶及び海洋工程 船舶及び海洋構造物設計建造 船舶設計、建造、検査、経営管理、船舶運用等
コンピュータ船舶応用工程
造船技術及び管理
船舶運用工程
交通輸送管理 交通輸送 経済学、管理学、交通輸送組織等の理論・知識
交通工程
交通輸送企画及び管理
構造工程 水中音響工程 力学基礎理論、計算及び実験、工程設計
構造工程
工程力学
海運学院 航海学部 IMOの訓練基準(STCW78/95)及び中国海船船員適任標準に応じた士官の養成
海事管理学部 航海知識、技能、安全、海事管理、海事法等
注:
交通学院の教職員は180人、うち専任教師は124人。教師の中に教授は26人(うち博士課程の指導教師は12人)、副教授は50人。教師の中の博士は17人、在職中の博士学専攻者は38人。在学中の学生は2,493人、うち博士課程の大学院生は38人、修士課程の大学院生は390人、本科生は船舶工程631人、工程力学249人、交通輸送企画及び管理432人、交通工程232人。
海運学院の教職員は73人、うち高級工程師レベルの人は20人、工程師レベルの人は40人。海運専門教師は42人、うち船長資格を持つ人は10人、一等航海士資格を持つ人は10人。本科生及び大学院生は約800人。
 
主要研究所 主要研究方向
流体力学研究所 ◆船舶、水上施設、港湾及び海域汚染防止
◆高速船の研究(高速プロペラの設計及び新型船舶推進装置の研究)
◆船舶操縦性、安全性の研究(船舶運動シミュレーション、衝突予防の研究)
造船自動化設備研究所 ◆コンピューターによる船舶建造技術
◆内陸河用船舶建造のブロック技術
◆船舶喫水自動制御技術
◆視覚測定計量技術等
構造工程研究所 ◆高速船の研究
◆ばら積み貨物船の構造の信頼性、保守、検査
◆内陸河川の高速船の設計法の研究等
 
(10)厦門集美大学
 
所在地:厦門集美学村(厦門市集美区銀江路185号)
郵便番号:361021
Fax: (0592)6180120
E-Mail: netmaster@jmu.edu.cn
 
沿革
1994年 厦門集美学村にある「集美航海学院」、「厦門水産学院」、「福建体育学院」、「集美財経高等専門学校」、「集美師範高等専門学校」の5校が合併して創立。
1995年 「集美大学工商管理学院」を新設。
 
大学概況
◆15の学部、34の本科学科を設置。
◆在学中の学生は12,217人、うち本科生は10,022人で総学生数の82%を占める。
◆教職員は2,286人、専任教師は958人、うち教授は61人、副教授は329人、修士学位を持つ教師は363人、博士学位を持つ教師は32人。
 
主要船舶、航海関連学部及び実験室
学院 学科 学制 専攻
エンジン工程学院 エンジン工程管理 本科
4年
機械原理及びエンジンシステム等の知識、エンジン操作・修理の技術、国際及び国家の船員標準に応じる基本訓練
航海学院 航海技術 本科
4年
船舶操縦、船舶輸送管理、GMDSS通信等の基本訓練
交通輸送
国際海運管理
国際海運、海事法規、国際海運業務の知識
交通輸送
物流管理
国際海運、海事法規、物流管理業務の知識
注:
エンジン工程学院の専任教師は49人、うち教授は4人、副教授は27人、講師は16人、実験技師は17人でうち高級実験技師は3人。教師の中で修士学位を持つ人は18人、博士学位を持つ人は5人。本科は28クラスあり、本科生総人数は807人。
航海学院の教師は54人、うち教授は4人、副教授は24人、博士学位を持つ人は1人、修士学位を持つ人は32人、博士課程在学中の教師は2人。教師の中に船員証書を持つ人は23人、うち船長資格を持つ人は5人、一等航海士資格を持つ人は2人。実験専門技師は30人で、うち高級実験技師は6人。
 
主要実験室
エンジン工程学院 ◆エンジン総合実験室
◆エンジン自動化室
◆エンジン・シミュレーション
◆船舶発電実験室
航海学院 水上トレーニング・センター・実験室 等
 
(11)華南理工大学 交通学院
 
所在地:広州市天河区五山路
郵便番号:510641
Tel: (020)87111030
E-mail: scut320@scut.edu.cn
 
沿革及び大学概況
1952年 中山大学、嶺南大学、湖南大学、広西大学等中国華南5省の大学・学校12校の関連学部・学科を統合して「華南工学院」が成立。
1960年 国家教育委員会より全国重点大学の認定。
1981年 国務院の承認により博士及び修士の授与大学となる。
1988年1月 校名を「華南理工大学」に変更。
1995年1月 広東省交通庁と華南理工大学が共同で交通学院を開設。
1999年末 「教育部本科教学工作優秀評価」に合格、中国「本科教学優秀学校」を受賞。
1999年 中国科学技術部、教育部の承認により国家大学科学技術園を設立。
2000年 大学院を開設。
 
交通学院概況
◆交通学院は学部を5、学科を6有し、船舶及び海洋工程車輌、機械電子建設等の修士課程研究科を8科開設。
◆在学中学生は1,370人、うち本科生は1,060人、大学院生は186人、短大生は130人。船舶及び海洋工程学科の本科生学生は137人、大学院生は38人。
◆教師は107人、うち博士指導教師は5人、教授は20人、副教授は41人、高級工程師は9人、高級実験師は1人、講師は34人。船舶及び海洋工程学部の専任教授は1人、副教授は6人、高級工程師は2人。
 
主要船舶、航海関連学部及び研究所
学部 学科 学制 専攻
船舶及び
海洋工程学部
船舶及び海洋工程 本科 船舶、海洋構造物及び陸上構造物の設計・制造。
港湾及び航路工程 港湾及び航路工事の設計・管理・施工。
船舶及び海洋工程構造物設計・製造 修士 高速船及び省エネ技術、CAD・CAM、水力学、船舶構造力学等。
 
研究所 概況
船舶及び海洋工程研究所 広東省甲レベルの船舶設計研究所。
舶用材料検証試験センター 舶用材料専門の検証センター。
港湾・航路実験室 港湾・航路試験水槽を保有。
船模型実験室 船舶及び海洋工程模型実験水槽、材料実験センター等を保有。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
595位
(32,233成果物中)

成果物アクセス数
16,788

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月23日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2003
2.中国造船業の概要<揚子江流域>
3.2003年度 欧州造船政策動向調査
4.中国主要海運企業の概要と事業展開に関する調査
5.中国主要造船企業の概要と事業展開に関する調査
6.国際海事情報シリーズ76 タイ国におけるフェリー網整備に関する調査
7.国際海事情報シリーズ77 米国における次世代水上交通システム構築に関する調査
8.国際海事情報シリーズ78 米国における舶用ベンチャーの事業化支援制度に関する調査
9.国際海事情報シリーズ79 欧州における航海機器のシステム化の現状と動向に関する調査
10.国際海事情報シリーズ80 天然ガスの新たな輸送方式に関する調査
11.国際海事情報シリーズ81 欧州の国家造船業を支援するEUの諸政策
12.国際海事情報シリーズ82 欧州舶用関連企業による対中国戦略に関する実態調査
13.国際海事情報シリーズ83 太平洋諸国(オセアニア諸国)における新規造船需要と経済協力に関する調査
14.国際海事情報シリーズ84 欧州造船業を巡る知的財産権とその保護-英国を中心として-
15.国際海事情報シリーズ85 最近の米国の海洋政策策定の動向
16.国際海事情報シリーズ86 東南アジアにおける内航船の安全・環境規制に関する調査
17.国際海事情報シリーズ87 アフリカ諸国造船需要動向調査
18.国際会議「地球未来への企画“海を護る”」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から