日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 家政学.生活科学 > 成果物情報

平成15年度 保健所保育・保健推進セミナー(大阪)テキスト

 事業名 保育事業の振興並びに保育者の資質向上
 団体名 日本保育協会 注目度注目度5


分科会
分科会の進行について
 分科会の時間配分(案)は次のとおりです。
 
11:30 昼食を取りながら、役割者(助言者、提案者、司会者)の顔合わせ兼打合せ
12:30 司会者による役割者の紹介及び進め方についての説明
12:35 助言者による基調講義(レクチャー)
(50〜60分程度)
13:30 提案者による提言又は実践報告(20分程度)
助言者によるコメント
14:00 休憩
14:10 助言者又は提案者から討議テーマの提示。
司会者によるグループ分け
(6人程度のバズグループを編成する)
14:20 バズセッション開始
15:10 各グループからの発表
助言者によるコメント
16:00 司会者による閉会(各分科会ごとに流れ解散)
 
バズセッションについて
 
<バズセッションとは>
 参加者各自がグループの共通の目的を意識し、互いの発言を通じ相互に影響し合い、目的達成をしていく過程を指している。
 多くの場合バズセッションというやり方をとるが、バズセッションとは何かというと、バズとは虫の羽の音をいい、音を出すことで即ち声を出して話をするということ。セッションとは会合のことをいう。
 
<バズセッションのすすめ方>
 メンバー全員が参画する方式で、7〜10人位を1グループとし、参加者の人員に応じてグループの数が増減する。
 円卓形式で行い、メンバーはおおいに活発に発言する。意見も出さずに終始控目で教えを乞いに来たといった態度は捨てる。
1. 全員が討議に参画すること。
2. 討議の中で相互作用があること。討議の中で人と人とのふれあいが行われることが大切である。
3. 討議には目的意識をもって臨み、目的に向かって討議の進行がなされるようリーダーを互いに選び、進行を効果的に行う。
4. リーダーは単に司会というのではなく自らも発言し、討議の進行を把握し、発言をしない人には発言の誘導をはかるようにする。
5. 討議の経路は、次のように行われる。
 
問題を提示する
問題点をあげる
問題の分析を行う(原因追求)
解決策をいろいろな角度から出す
名案の比較検討を行う
相互の意見を調整する
グループの結論をまとめる
 
6. 討議の雰囲気は、なんでも言える空気であることが重要である。この雰囲気によってメンバーは自分の発言を通じ「グループに貢献している」とする意識が高められる。
7. リーダーとメンバーの関係は形式化されたものではない。グループの状況によって、リーダーのコントロールには幅をもって望むことである。
 
 
これらを通じて
(1)何が現実に起こっているかを判断し
(2)それに関連または含まれている諸問題を見分け
(3)可能な一連の処置を見出していく
 
第1分科会
乳児保育における家庭との連携
助言者 山田 和子(東大阪市・マーヤ保育園園長)
提案者 藤 幾久子(大阪市・かぐはし保育園園長)
司会者 水野 妙子(泉南市・西信達保育園園長)
 
レクチャー
乳児保育における家庭との連携
山田 和子((社福)公徳会マーヤ保育園園長)
プロフィール
昭和23年より養護施設・公徳学園園長代理。
昭和45年より(社福)公徳会・マーヤ保育園園長。
平成3年より(社福)日本保育協会女性部長。
 
<乳児の入園時面接のポイント>
 
 新しい子ども一人ひとりの家庭での生活背景を把握するとともに、母親の育児観・哲学・方針等内面的なことも話し合うことにより、お互いの理解が深められると思います。
 生まれて初めて母親の手元から離れ、集団に入る乳児は、不安と様々な変化を敏感に肌で感じます。抱き方、言葉のかけ方、授乳の仕方・・・と対応が変れば顕著に反応し、夜泣きや体調の変化が現れます。生きる為の営みが自分でできない乳児が集団生活に入るのですから、母子分離に対する不安はかなり大きいはずです。
 そこで、受け入れる園としては保護者、子どもが安定した状態で生活できるよう、子どものおいたちを知り、その子に適応した保育を進めなければなりません。
 地域、家庭環境の中でどのように生活してきたか、出産時の様子、生活の実態、個性、健康状態、身体習癖、成長過程など母親から詳しく聞いています。特に乳児は、食事、排泄、睡眠が影響しますから、各専門分野(栄養士、看護師、保育士)ごとに保護者と話を進めたり、時にはアドバイスしたりしています。大切な命を預ける保護者、預かる園という立場を前提に、離乳食の進み具合(離乳食の過度な進みも含む)、食べ物に対してのアレルギー(医師と相談の上、食品の除去)など個々に応じた対応が必要です。
 園としての保育姿勢を保護者に理解してもらい、保護者が安心して預けられるよう、園と保護者が一体となり協力し合ってこそ、子どもたちに無理なく新しい生活リズムが整うのではと思います。長い人生の中で、子どもと向き合えるのはほんの短い、しかし貴重なかけがえのない期間です。生活の中心に子どもを据え、新しい家族関係を創造して、その中で親も育っていく実感や楽しみを味わって欲しいと思います。
 入園当初は気になる保護者も、日に日に親としての自覚が見られ、母親はもちろんのこと、父親も育児に対し積極的な姿勢が見られるようになり、私たちも日々感激させられます。
 
<家庭連絡の実際>
 
 家庭連絡の方法として、個々には『生いたちの記(睡眠時間、朝食、夕食の内容、排便の有無、体温、家庭の状態など生活がひと目でわかる日記形式のもの)』への記入や口頭での伝達、また全員に伝える場合はプリント配布、掲示(保護者が常に目に出来る場所に)の方法をとっています。しかし、記入していても大切な事は、送迎時に、「記入しておりますが―」と再度口頭で伝える事にしています。するとお互いにより通じ合い信頼関係が生まれます。家庭と園との緊密な協力があってこそ子どもは安定すると思います。
 前述の『生いたちの記』は、異常発見はもちろんのこと、1日24時間を通じて生活リズムを考え合うためには不可欠です。ところが、記入することが苦手な保護者、忙しくて見れない、書けないという保護者がいるのも現実ですが、記入しなくても園からの便りには関心があり、楽しみながら期待して読んでいる保護者もいます。そのような保護者には、絶えず口頭でも連絡をとっています。
 また、すべて記入というわけにはいかない内容もあります。”記入したものはずっと残る”という事をふまえて、親にとって不愉快なことプライドを傷つけるようなこと等は記入せず、相手の立場にたって直接口頭で伝えることにより、お互いに親密感が湧き、家庭との連携が図られます。
 また、乳児クラスの場合は、複数担任ですので、連絡事項は統一し、口頭で伝える時は、必ずクラスリーダーが対応しています。
 家庭への連絡は、(1)親に保育について関心を持たせ、正しく理解してもらう。(2)園の保育内容、方法について理解と協力を得る。(3)我が子だけでなく全体に目を向け関心を持たせる。(4)親としてふさわしい成長の協力をしてもらう、を念頭に、私たち保育士がプライドを持って保護者と関わることにより正しく伝わり、親としての自覚が芽生え、より子どもとの密接な関係が出来ると思います。
 そして、連絡は園から一方的に伝えるのではなく、保護者の言葉を聞く、受け入れるという姿勢を忘れてはならないと考えています。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,582位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
6,367

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.平成15年度 保育所保育・保健推進セミナー(東京)テキスト
2.平成15年度 保育所子育て相談推進セミナー(東京)テキスト
3.平成15年度 保育所子育て相談推進セミナー(大阪)テキスト
4.保育所における地域活動・放課後児童の保育
5.仲間と共に歩んだ1年間の活動のまとめ集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から