日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

平成16年度 船舶搭載艇の船尾降下揚収システムの研究開発 報告書

 事業名 船舶搭載艇の船尾降下揚収システムの研究開発
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


平成16年度 船舶搭載艇の船尾降下揚収システムの研究開発 報告書
 
目次
1. 事業の目的
2. 研究開発目標
2.1. 開発目標の設定と背景
2.2. 目標波高に対する考え方
3. 現状の船尾降下揚収システムの問題点と課題解決
3.1. 問題点の解決に至る思考展開
3.2. 研究開発概要
3.3. 研究開発フロー
3.4. 次世代船尾降下揚収システムの基本コンセプト
4. ドライドック式船尾降下揚収システム
4.1. 基本コンセプト
4.1.1. ドック構造
4.1.2. ウィンチ揚収方式とベルトコンベア方式
4.2. 船尾形状の研究開発
4.2.1. ストリップ法による運動計算と船尾相対水位変動
4.2.2. 波浪中CFDによる船尾流場評価
4.2.3. 実用型船尾形状
4.3. 大型模型水槽試験
4.3.1. 模型及び実験装置の概要
4.3.2. 母船運動、船尾流場計測実験、及び搭載艇降下揚収実験
4.4. ウィンチ揚収方式に関する洋上実船実験
4.4.1. 母船・搭載艇間の索受渡し洋上検証実験
4.4.2. 索を利用した新揚収方式の洋上検証実験
4.5. 試設計
4.5.1. 基本仕様と船尾揚収装置図
4.5.2. 降下揚収作業手順(作業人員数と作業時間)
4.6. 今後の検討課題
5. 導水管式船尾降下揚収システム
5.1. 基本コンセプト
5.1.1. ドライドック式コンセプトの速力限界
5.1.2. 導水管式コンセプトの基本原理
5.2. 基礎実験
5.2.1. 模型および実験装置の概要
5.2.2. 平水中および規則波中実験
5.2.3. 不規則波中および過渡水波中実験
5.3. 船尾流速分布計測実験
5.3.1. 導水管式実用インレットの配置、サイズ、及び形状の検討
5.3.2. 模型及び実験装置の概要
5.3.3. 船尾流速分布計測実験
5.3.4. 取水効率の算定
5.4. 試設計
5.4.1. 3次元イメージと取水口開閉機構
5.4.2. 降下揚収作業手順(作業人員数と作業時間)
5.5. 今後の検討課題
6. 開発達成度および結論
7. 参考文献
付録
 
 
この成果物は、PDF形式でも作成されています。ご覧になるためにはあらかじめAcrobat Readerが必要です。「Get Acrobat」ボタンをクリックして無料のAcrobat Readerを入手する手順をご確認下さい。
 
 
 
 





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
7,399位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
318

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.むれさきデイサービス新宮 ホームページ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から