日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

平成17年度 セキュリティ強化の環境下における貿易手続簡易化特別委員会報告書

 事業名 セキュリティ強化に伴う貿易手続簡易化措置に関する調査研究
 団体名 日本貿易関係手続簡易化協会  


5.2 標準化動向
5.2.1 電子タグ等に関わる標準化動向
5.2.1.1 概要
 ISO/IEC/JTC1/SC31は、バーコード(1次元シンボル、2次元シンボル)及び電子タグに関する自動識別技術の規格を策定しています。
 ISO/IEC/JTC1/SC31の作業領域は、データフォーマット、データシンタックス、データストラクチャ、データ符号化、自動識別およびデータ取得プロセス技術などの標準化に分けられます。
 (社)日本電子情報技術産業協会(JEITA)自動認識及びデータ取得技術標準化委員会では、以下の検討を行っており、特にWG2のコンテンツ、WG4の電子タグとWG5のRTLSが貨物識別に関係の深いコードや識別システムの規格を検討しています。
WG1(データキャリア)
WG2(データストラクチャ)
WG3(コンフォーマンス)
WG4(電子タグ)
WG5(RTLS)
 
5.2.1.2 WG1 データシンボル
 WG1は、リニア/二次元シンボルの記号体系についてのデータキャリア仕様および関連文書の開発を行います。
 情報技術−自動識別及びデータ収集技術−バーコード記号仕様
 Information technology -- Automatic identification and data capture techniques -
 Bar code symbology specification -
 
(1)リニアシンボル
 リニアシンボルには以下の規格があります。
ISO/IEC 16388:1999 Code 39
ISO/IEC 16390:1999 Interleaved 2 of 5
ISO/IEC 15420:2000 EAN/UPC
ISO /IEC 15417:2000 Code 128
 
表5.2.1 リニアシンボル
 
(2)二次元シンボル
 二次元シンボルには、以下の規格があります。
ISO/IEC 15438:2001 PDF417
Information technology - Automatic identification and data capture techniques -
International symbology specification −国際記号仕様
ISO/IEC 16022:2000 Data Matrix
ISO/IEC 16022:2000/Cor 1:2004
ISO/IEC 16023:2000 MaxiCode
☆ ISO/IEC 18004:2000 QR Code
 
表5.2.2 二次元シンボル


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
462位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
21,975

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.平成17年度船の科学館事業年報
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から