日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

平成17年度 セキュリティ強化の環境下における貿易手続簡易化特別委員会報告書

 事業名 セキュリティ強化に伴う貿易手続簡易化措置に関する調査研究
 団体名 日本貿易関係手続簡易化協会  


5.2.2 国際コンテナに関わる電子タグ等の標準化動向
5.2.2.1 概要
 ISO/TC104(国際コンテナ)の作業領域は、外部容積が1立方メートル(35.3立方フィート)以上の貨物コンテナの用語、分類、寸法、仕様、試験方法、マーキングに関する標準化です。
 ISO/TC104に国際貨物コンテナに関する情報の識別・表示システムを規定します。識別システムは、コンテナそのものの表示を含め、文書化、管理及び通信(自動データ処理システムを含むシステム)における一般的適用を意図します。コンテナ識別その他の運営管理データの永久的なマークによる表示方法を含みます。
 ISO/TC104/SC4/WG 2―貨物コンテナ、識別、通信では、国際貨物コンテナに関する情報の識別・表示システムを規定します。
 識別システムは、コンテナそのものの表示を含め、文書化、管理および通信(自動データ処理システムを含むシステム)における一般的適用を意図します。コンテナ識別その他の運営管理データの永久的なマークによる表示方法を含みます。
 TC104の規格分野は以下のとおりです。
(1)コンテナ識別システム
・可視的システム
・AEI/EDIによる表示システム
 
(2)コードシステム(コンテナ寸法、形状)
 
(3)運用マーク(強制、任意)
 
(4)コンテナ上のマークの物的表示
・WG 1コーディング、識別、マーキング(ISO 6346改訂)
・WG 2 コンテナAEI
・WG 3通信及び用語
 
(5)規格例
・ISO10374(1991年規格) 海上輸送コンテナ用電子タグ(RFID)
(850MHz-,2.4GHz-、Transcore等)
・ISO18185(CD段階) 海上コンテナ用電子シール
(433MHz Savi, Hi-G-Tek等)
 
5.2.2.2 ISO10374の概要
(1)特徴
・Read-onlyタグです。
・当時のAmtech社の提案規格です。
・周波数帯は以下の2種類があります。
850〜950 MHz
2.4〜2.5 GHz
 
(2)タグの基本メッセージ構造
a) tag type;
b) equipment identifier;
c) owner code, in accordance with ISO 6346;
d) serial number, in accordance with ISO 6346;
e) check digit, in accordance with ISO 6346;
f) length(in centimetres);
g) height(in centimetres);
h) width(in centimetres);
i) container type code, in accordance with ISO 6346;
j) maximum grams gross mass(in hundreds of kilok)
k)tare mass(in hundreds of kilograms)
 
 既存規格は以下のとおりです。
・ISO 6346: 1995 Freight containers -- Coding, identification and marking
・ISO 9897: 1997 Freight containers -- Container equipment data exchange(CEDEX)-- General communication codes
・ISO 10374: 1991 Freight containers -- Automatic identification
・ISO 6346: 1995 Freight containers - Coding, identification and marking
 
5.2.2.3 電子シール
 貨物コンテナ用電子タグの国際規格の概要は次のとおりです。
・ISO 18185 Freight Containers -Radio-frequency communication protocol for electronic seal
・ISO委員会 ISO TC104/SC4/WG2
・電子タグ用途 貨物コンテナ(Freight Containers)Electronic seal
・Editor Mr. Craig K. Harmon(QED systems)
・国際事務局 PSB: Singapore Productivity and Standards Board
・国内委員会 (社)日本船主協会
 
5.2.2.4 ISO/TC104/TC122/JWG(物品識別コード)
 ISO/TC104/TC122/JWG(物品識別コード)は、以下の規格を検討しています。
 
(1)検討対象
・電子タグのサプライチェーン・アプリケーション
ISO 17363(審議中), Supply Chain Application of RFID-Freight Containers
(ISO/IEC15961,15962、18000-6,18000-7適用)
ISO 17364(審議中), Supply Chain Application of RFID-Returnable transport items
ISO 17365(審議中), Supply Chain Application of RFID-Transport Units
ISO 17366(審議中), Supply Chain Application of RFID-Product Packaging
ISO 17367(審議中), Supply Chain Application of RFID-Product Tagging
ISO/IEC TR18001, Information Technology-RFID for item management-Application Requirement Profiles
 
図5.2.2 物資識別の階層性(光学的識別方式)
 
図5.2.3 物資識別の階層性(電子タグ)


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
462位
(31,556成果物中)

成果物アクセス数
21,948

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月30日

関連する他の成果物

1.平成17年度船の科学館事業年報
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から